0120679026 営業時間:10時~19時(土日祝除く)

成果追求型Webマーケティングメディア

LINE公式アカウントの活用事例6選!運用のコツと合わせて紹介

  • RSS購読
  • リンクをコピー
LINE公式アカウントの活用事例6選!運用のコツと合わせて紹介

DMやメルマガ代わりにLINE公式アカウントを開設する企業が増えてきました。

LINE公式アカウントを開設する企業数は300万社を突破し、順調に登録社数を伸ばしています。

LINE公式アカウントの友だちを増やし、メッセージを送って良好な関係を築ければ、来店促進や購買促進ができます。

参考:『中小企業・店舗向けサービス「LINE@」の全アカウント数が300万件を突破!

しかし、「LINE公式アカウントを開設したのに友だちが増えない…」「LINE友だちにメッセージを送ったらブロックされてしまった…」など期待する効果が見込めないと悩む方もいます。

このような悩みを抱えている方は、LINE公式アカウントの運用のコツを押さえれば、悩みを解決できるため安心してください。

今回はLINE公式アカウントの活用事例と運用のコツをご紹介します。

なお、LINE公式アカウントの基礎知識は以下の記事で紹介しております。
関連記事:『スマホで始めるLINE公式アカウント!8項目をアプリで簡単管理

LINE公式アカウントの活用事例6選

まずは、LINE公式アカウントを運用して、顧客獲得や購買促進など成果が見込めている活用事例をご紹介します。

メルマガより開封率が3.7倍アップ(株式会社白鳩)

LINE for Business 事例 株式会社白鳩引用:『LINE for Business 事例 株式会社白鳩

下着専門の通信販売サイト「SHIROHATO」を運営している株式会社白鳩は、2015年に楽天市場店、2016年にPayPayモール店などのショッピングモール専用のLINE公式アカウントを開設しました。

LINE公式アカウントを開設した理由は、LINEが普及され始めて、メルマガの開封率が下がってきたためです。

このような背景から、LINE公式アカウントを活用する方針に切り替えることを決めました。

LINE公式アカウント運用のKPIとして「友だち数」を設定しており、LINEプロモーションスタンプを配布するなど工夫をして、2週間で5万人の友だち集めに成功しました。

また、友だち追加ページに遷移する前に「どのような情報が届くのか」など友だち特典を分かりやすく伝えています。

これらの情報を読んだ上で友だちになってもらうことで、ブロック率を最小限に抑えているのです。

友だちになってくれたユーザーには、買い物で利用できるクーポン券を配布するなどして、若年層の顧客獲得に成功。

売上全体の約15%がLINE公式アカウント経由となっています。

関連記事:『LINE公式アカウントで友だちを効果的に増やす方法8選

客単価が400円~500円ほど増加(株式会社澤井珈琲)

LINE for Business 事例 株式会社澤井コーヒー引用:『LINE for Business 事例 株式会社澤井コーヒー

創業40年を迎えるコーヒー・紅茶の専門店の株式会社澤井珈琲は、10店舗の運営とECサイトを運営しています。

100万人を超えるメルマガリストを持っていましたが、近年はメルマガの開封率が低下していたことに悩んでいました。

そのため、メルマガに代わる販促ツールとしてLINE公式アカウントを運用し始めたのです。

2018年に楽天市場店、2017年にPayPayモール店のLINE公式アカウントを開設しました。

同社はECモールのイベント開催日(例:ポイント還元率アップデー)をターゲットにLINE公式アカウントのメッセージ配信を行っています。

平日と休日でメッセージ内容を変えていることがポイントです。

平日の朝7時30分頃に商品紹介のメッセージを送り「コーヒー豆が切れてきたな」と思い出してもらいます。

その週の休日に、セール告知をメッセージ配信して「コーヒー豆を購入しよう」と考えさせるのです。

このような工夫で、日曜日にコーヒー豆を販売しています。

日曜日の売上は全体の68%と高い割合を占めています。

また、LINE広告のクリエイティブにもこだわり、客単価を400~500円ほど増加させることにも成功しました。

ファンを増やして売上効果14倍を実感(株式会社入船)

LINE for Business 事例 株式会社入船(ごちそう村)引用:『LINE for Business 事例 株式会社入船(ごちそう村)

1916年に創業した外食チェーンを運営する株式会社入船は、各飲食ブランドのLINE公式アカウントを開設しています。

LINEアカウントを開設した理由は、ハガキやDMに代わる来店促進の施策が必要だったためです。

メルマガにも切り替えたことがありましたが、テキストメッセージだけでは面白みに欠けると悩んでいたのです。

同社は、ユニークな企画で、LINE公式アカウントの友だちを増やすことに成功しました。

一般的な店舗POPを使用するだけでなく、友だち限定で注文できるメニュー開発友だち限定で参加できるユニークなイベントなどを企画しました。

ある店舗では「アイス早食い!チャレンジ」を実施して、10秒以内に成功すれば食事券をプレゼントというイベントを実施。

同社は広告のクリエイティブにもユニークさを伝え、面白い飲食店というブランディングに成功しています。

このようなユニークさでお客様を魅了し、ハガキやDMの費用対効果と比較すると約14倍も効果が見込めるようになりました。

関連記事:『公式LINE集客の押さえておきたい3つのポイントや業種別事例を解説

30%近くの新規ユーザーの獲得に成功(公益社団法人B.LEAGUE)

LINE for Business 事例 公益社団法人 ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ引用:『LINE for Business 事例 公益社団法人 ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ

公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグのLINE公式アカウントには580万人の友だちがいます。

同社は、バスケットボールリーグの試合を観戦したことがない新規顧客を獲得する目的と、既存ユーザーに対する観戦体験の向上する目的でLINE公式アカウントを開設しました。

新規の友だち数の増加を狙って、LINEプロモーションスタンプを活用。

人気クリエイターとコラボしたスタンプは1週間で300万ダウンロードを突破しました。

その後に、同様の施策を継続し続けて、友だち数を580万人に増やすことができました。

多くの友だちに対して、チケットプレゼントキャンペーンを告知するメッセージを送っており、アンケートに協力をしてもらっています。

そのアンケート結果に基づき、1人1人に見合ったコンテンツを配信してバスケットボールリーグに興味を持ってもらえるように仕掛けたのです。

試合当日には、コートの真上にあるLEDビジョンにQRコードを表示して限定壁紙をプレゼントするなど工夫して、バスケットボールリーグのファンに獲得に努めています。

2万人のドラフターズ会員の獲得に成功(アサヒビール株式会社)
LINE for Business 事例 アサヒビール株式会社

引用:『LINE for Business 事例 アサヒビール株式会社

日本の大手ビールメーカーのアサヒビール株式会社は、2021年5月に家庭用生ビールサービス「THE DRAFTERS(ドラフターズ)」をリリース。

ユーザーとのコミュニケーションやサービス申し込みなどをLINE公式アカウントに集客させています。

その理由は、ユーザーが慣れ親しんでいるLINEで全てを完結させることができれば、シームレスな体験が実現できると考えたためです。

また、同社の家庭用生ビールサービス「THE DRAFTERS(ドラフターズ)」の本会員への申込みは、LINE公式アカウントの「簡単アンケート登録」からになっています。

このアンケートに回答してもらうことで、「自宅で酒を飲む頻度・量」「良く飲むビールの銘柄」「ビールを一緒に飲む相手」などのサイコグラフィックデータを取得。

お客様ごとに、どのようなビールサービスを提供すれば喜んでもらえるかを考えているのです。

新規会員のお客様には、ビールサーバーの使用方法についてのコンテンツを提供し、既存顧客にはビールに合うおつまみ情報のコンテンツを提供するなどの工夫をしています。

このように1人1人に見合うコンテンツを配信することで、約2万人のドラフターズ会員の獲得に成功しています。

LINE友だち8,000人以上の獲得に成功(エンド商事株式会社)

LINE for Business 事例 エンド商事株式会社引用:『LINE for Business 事例 エンド商事株式会社

大阪市内で7店舗の業務用スーパーを展開するエンド商事株式会社は、店舗の来店促進のために、2020年にLINE公式アカウントを開設しました。

積極的な店内告知やクーポン施策により、1年間で友だち数8,000人以上を獲得できました。

従来は、新聞の折り込みチラシを配布して来店促進を行っていましたが、コストが高くて情報の自由度もなく悩んでいたのです。

この悩みを解決するために、LINE公式アカントを活用し始めました。

LINE公式アカウントでは月2回、特売商品の情報を配布して来店を促進しています。

LINE公式アカウントの友だちが増えることで、折り込みチラシよりも高い費用対効果を感じているようです。

コスト削減ができた分は、お客様登録キャンペーンプレゼント企画などを実施して、好循環の店舗運営を実現しています。

活用事例でわかるLINE公式アカウント運用のコツ

LINE公式アカウント運用の成功事例をご紹介しましたが、どの企業も成果を出すための工夫をしています。

どのような工夫をしているかを押さえて真似すれば、LINE公式アカウント運用で成果を出していけるため運用のコツを押さえておきましょう。

ここでは、LINE公式アカウント運用のコツをご紹介します。

LINE公式アカウントの友だちを増やす

LINE公式アカウントの友だちを増やす引用:『LINE for Business LINE公式アカウントの友だちを増やすには?おすすめの方法5選

男性編集者A
男性編集者A

LINE公式アカウントの友だちを増やせば、相手に情報提供やクーポン配布ができて、来店促進や購買促進できるようになります。

そのため、LINE公式アカウントを立ち上げたら、最初に友だちを増やしていきましょう。

友だちの増やし方には、以下のような方法があります。

LINE公式アカウントの友だちの増やし方

  • 店頭POPや掲示物による告知をする
  • 店頭スタッフからの声がけをする
  • URLやQRコードを発行して友だち追加を促す
  • 友だち限定の特典やお得な情報を配信する
  • 友だち追加時にインセンティブを付与する
  • 友だち追加広告を活用する

成功事例では、友だち追加でもらえるスタンプ友だち限定メニューを提供するなど、友だち追加してもらえるような工夫がされていました。

関連記事:『LINEポイントADとは?6つのメニューで友だち登録を促し認知拡大!

LINEスタンプの制作を検討する

LINEスタンプの制作を検討する
参考:『LINE for Business LINEプロモーションスタンプの最新トレンドを徹底調査―成功のカギは人気キャラとの”コラボ”

LINE公式アカウントの友だちを獲得するために、LINEスタンプの制作を検討するのも1つの方法です。

LINEスタンプの制作方法には、自社キャラクターを起用する社内制作と、LINEスタンプの人気クリエイターの知見をベースにスタンプを制作するクリエイターコラボ制作があります。

男性編集者B
男性編集者B

クリエイターコラボという制作方法を選ぶ企業は年々増加しており、LINEプロモーションスタンプ全体の約6割を占めるまでに至りました。

クリエイターコラボという制作方法を選択すれば、多くの友だちを獲得するためのスタンプ制作を提案してもらえます。

そのため、友だち獲得に悩んでいる方は、LINEスタンプの制作を検討してみることをおすすめします。

相手に喜んでもらえるメッセージを配信する

LINE公式アカウントの友だちを増やせたら、相手に喜んでもらえるメッセージを考えて配信します。

どのようなメッセージが喜ばれるかは業種によって異なるため、以下を参考にしてみてください。

飲食店メニュー情報(おすすめ/新商品/期間限定)を紹介する

クーポンを配布するなどお得な情報を届ける

ショッピングモールセールやキャンペーンなどのお得な情報を届ける

イベント開催情報を配信する

リピーターの獲得にショップカードを活用する

美容・サロン施術メニューや料金、商品を紹介する

LINE公式アカウントから予約を受け付ける

教育・習い事生徒や保護者の状況に合わせてコミュニケーションが取れるようにする

塾のコースや講師に関する紹介をする

クーポンを配布するなどお得な情報を届ける

参考:『LINE for Business 【業種別】LINE公式アカウントのメッセージ配信内容や事例を紹介!

効果的なクリエイティブを考える

効果的な広告クリエイティブ制作のコツ引用:『LINE for Business 友だち追加広告│効果的な広告クリエイティブ制作のコツ

どのような情報を提供するかで、開封率や購買率が変動します。

したがって、来店促進や購買促進をしたい方は効果的なクリエイティブを作りましょう

クリエイティブを作る際のポイントは、テキストと画像で異なります。

タイトルの付け方

タイトルは商品名やサービス名を記載するだけでなく、ユーザーメリットも同時に伝える

説明文も入れられますが、画像とタイトルだけ見れば訴求内容が分かるように調整する

例:【最大20%OFF】今だけ限定特典も

画像

画像はパッと見たときの印象で魅力的に感じるものを作成する

伝えたいこと、強調したいことが印象に残るような見え方を意識する

また、LINEは広告ポリシーを設定しているため「ガイドライン」をチェックしておくことをおすすめします。

参考:『LINE for Business 友だち追加広告│効果的な広告クリエイティブ制作のコツ

LINEメッセージの配信頻度にこだわる

最適なメッセージ配信頻度と時間帯引用:『LINE for Business LINE公式アカウント|最適なメッセージ配信頻度と時間帯とは

LINEメッセージは、LINE公式アカウントを友だち登録しているユーザーへ一斉に配信できます。

しかし、メッセージの配信頻度によって、ユーザーに鬱陶しく思われてブロックされてしまうリスクが高まります。

そのため、LINEメッセージの配信頻度に注意しましょう。

一般的に、LINEメッセージの配信頻度は月1~4配信が良いとされています。

女性編集者B
女性編集者B

週1本のメッセージの配信頻度が推奨されているため、獲得した友だちにブロックされないように、推奨の配信頻度を守るようにしましょう。

参考:『LINE for Business LINE公式アカウント|最適なメッセージ配信頻度と時間帯とは

LINEメッセージの配信時間にこだわる

LINEメッセージの配信時間にこだわると、メッセージ開封率が上がります。

最適な配信時間は、業界別によって異なります。

グルメ・フード10時~12時

16時~18時

ラグジュアリー22時
教育・学習10時~11時
男性編集者A
男性編集者A

大切なことは、ターゲットの生活リズムに合わせてメッセージを配信することです。

また、メッセージ配信は予約できますが、予約する場合は「10:02」など中途半端な時間帯にしておきましょう。

なぜなら、「10:00」に設定すると、他のメッセージと同時配信されてしまい、メッセージが埋もれてしまう恐れがあるためです。

参考:『LINE for Business LINE公式アカウント|最適なメッセージ配信頻度と時間帯とは

活用事例でわかるLINE公式アカウントの魅力

LINE公式アカウント運用で来店促進や売上アップに成功している事例を紹介しましたが、LINEならではの魅力を最大限に活用して成果を見込んでいます。

そのため、成果を出すためにもLINEの魅力を把握しておきましょう。

月間アクティブユーザー数9,200万人

LINEのユーザー引用:『LINEキャンパス LINEのユーザーはどんな人?

LINEの月間アクティブユーザー数は9,200万人です。

男女比で見ると女性の方が多いものの、20代から60代までの幅広い年代の人がLINEを利用しています。

LINEが多くの人に利用されている理由は、家族や友人など特定の人と繋がりコミュニケーションをとるためのSNSに特化していること。

そのため、InstagramやTwitterと比較して安心して利用できると多くのユーザーの囲い込みに成功しているのです。

最もアクティブユーザーが多いSNSのため、LINE経由で情報提供すれば、来店促進や売上アップが狙えます。

メッセージの開封率が高い

メッセージの開封率引用:『LINEキャンパス LINEのユーザーはどんな人?

LINEはコミュニケーションツールとして普及しており、1日に1回以上利用するユーザーは85%と高い利用率を誇ります。

1日1回以上利用するユーザーが多いため、LINE経由で情報を配信すれば、開封してもらいやすくなります。

LINEの独自調査によると、約2割のユーザーがLINE経由で受信したメッセージをすぐに開封しているとのこと。

また、約8割のユーザーが当日中にメッセージを開封すると述べられています。

Benchmark Email社「平均メール開封率レポート 【2022年版】 業種別・地域別(国別)の最新情報」によると、メルマガの開封率は約15~25%となっているため、LINE経由の方が圧倒的に開封率が高いことが分かるでしょう。

このように高い開封率であることも、LINEの魅力です。

LINEの基本機能が充実

メルマガやDMだとメッセージを配信するしかできませんが、LINEであれば電話やチャットができます。

以下のような基本機能が充実しているため、マーケティング施策が打ちやすくなります。

LINEアカウントの基本機能

メッセージ配信友だち追加したユーザーに直接メッセージが送れる
LINEチャットユーザーと1対1でコミュニケーションが取れる
販促機能店舗やECサイトで使えるクーポンやショップカードを発行できる
LINEコールユーザーがLINE公式アカウントに無料で通話できる
友だち追加広告友だちを獲得するための広告を配信できる
応答メッセージユーザーのメッセージに含まれるキーワードに対して、返信する内容を設定できる
レポート機能ユーザーの反応をレポートで確認できる

参考:『LINE for Business LINE公式アカウントの開設

リーズナブルな価格で利用できる

LINE公式アカウントには「フリープラン」「ライトプラン」「スタンダードプラン」の3つの料金プランが用意されています。

各プランの料金体系は以下の通りです。

1,000通以内であれば、フリープランでサービスが利用できて料金がかかりません。

また、ライトプランは5,000円、スタンダードプランは15,000円で料金体系がリーズナブルなことが魅力となっています。

フリープランライトプランスタンダードプラン
月額固定0円5,000円15,000円
無料メッセージ通数1,000通15,000通45,000通
追加メッセージ料金負荷5円~3円

※LINE公式アカウントの料金プランは2023年6月に改定予定になっています。

参考:『LINE for Business 料金プラン

LINE公式アカウントに関するよくある質問

最後にLINE公式アカウントに関するよくある質問をご紹介します。

Q.LINEアカウントを開設する流れを教えてください

LINEアカウント開設は以下の手順で行えます。

  1. LINE Business IDを登録する
  2. LINE公式アカウントフォームに必要事項を記入する
  3. アカウント作成の完了

LINE公式アカウントの詳しい作成方法については「LINE for Business LINE公式アカウントの作り方」を参考にしてみてください。

Q.未認証アカウントと認証済みアカウントの違いを教えてください

LINE公式アカウントには「未認証アカウント」と「認証済みアカウント」があります。

認証済みアカウントになると、以下のような特典が受けられます。

  • LINEアプリ内の「友だち」検索結果にアカウントが表示されるようになる
  • LINEキャラクター入り販促用ポスターがダウンロードできる
  • 請求書決裁サービス「Paid」が利用できる
  • 友だち追加広告が利用できる

LINE公式アカウントの開設時に「認証済みアカウント」の申請をして通過すれば、特典が受けられます。

アカウント審査には5~10営業日かかります。

参考:『LINE for Business 「認証済アカウント」とは?|メリット・申請方法

まとめ

LINE公式アカウントの成功事例を参考に運用のコツを押さえておけば、LINEの友だち獲得や良好な関係の構築に悩むこともなくなります。

最後に、LINE公式アカウントの運用のコツをおさらいしておきましょう。

LINE公式アカウントの運用のコツ

  • LINE公式アカウントの友だちを増やす
  • LINEスタンプの制作を検討する
  • 喜んでもらえるメッセージを配信する
  • 効果的なクリエイティブを考える
  • LINEメッセージの配信頻度にこだわる
  • LINEメッセージの配信時間にこだわる

ぜひ、上記の内容を見直してLINE公式アカウントを運用してみてください。

もし、LINE公式アカウントの友だちを増やすのが難しいと感じた方や、クリエイティブの作成を手間に感じた方は広告代理店に相談することも手段の1つです。

株式会社Unionは、LINE公式アカウント運用を始めとするデジタルマーケティング全般のご相談を承っております。

蓄積されたノウハウから短時間で課題を解決に導きます。

運用開始後は広告効果を隈なく分析し、スペシャリストが徹底的にマネタイズを行います。

また、広告運用のご相談と併せてLPの改善相談も承っております。

弊社の広告運用担当者はYahoo!広告、およびGoogle広告の認定資格保有者であり、知識のアップデートを行っております。

薬機法医療法遵守広告代理店の認証を受けておりますので、広告審査の厳しい薬事・医療系も対応可能です。

お客様のあらゆるニーズに対し分析・調査を行い最適なプランをご提案しますので、お気軽にご相談ください。

監修者

UnionMedia編集部

2012年創業のWeb広告代理店、株式会社Unionが運営。Webマーケティングの知見を深め、成果に繋がる有用な記事を更新しています。「必要な情報を必要な人へ」をスローガンに、Web広告運用や動画制作など各種Webマーケティングのご相談を受付中。

この記事をシェア

  • RSS購読
  • リンクをコピー

この記事のカテゴリー

この記事のタグ

  • 資料請求をする
  • 無料相談をする

【資料ダウンロード(無料)】
DX時代の最適なWebプロモーション

Web広告運用のプロ集団「Union」
継続率95%以上の秘密!気になる実績やプランを掲載!

DX時代だからこそ効果が出る最適なWebプロモーション

【無料相談】メール24時間受付中!

Web広告運用のプロ集団がお悩みを解決します!

  • 広告の費用対効果が合わない
  • 社内で運用するリソースがない
  • 代理店の対応が遅い
  • 完全成果報酬型広告に興味がある
  • YouTubeやTikTokに動画広告を出したい
  • 効果の出る動画広告を作りたい etc.
tolist