0120679026 営業時間:10時~19時(土日祝除く)
今すぐダウンロードする

成果追求型Webマーケティングメディア

大手広告代理店にリスティング運用を依頼すべき?5つの注意点を紹介

  • RSS購読
  • リンクをコピー
大手リスティング広告代理店に依頼すべき?5つの注意点を紹介

多額の広告費のリスティング運用をプロにお任せしたいと思ったときに、大手広告代理店へ依頼するのも選択肢の一つです。

大手広告代理店は運用実績を豊富に持っており、データに基づいた提案をしてくれます。

しかし、広告代理店の選び方を間違えてしまうと、理想の成果が見込めなくなるため注意しなければいけません。

今回は、大手広告代理店に依頼する場合の5 つの注意点をご紹介します。

この記事を読めば、大手広告代理店に依頼すべきかどうかの判断ができるようになるため、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事:『ASP広告代理店を使う3つのメリットと選ぶポイント4選を解説!

リスティング広告運用代行【Uniteo】継続率95%

Contents

大手リスティング広告サービスの特徴

ふたつの茶色い球を持って疑問符を漂わせる人

リスティング広告運用の依頼先は「大手の広告代理店」と「中小の広告代理店」があります。

それぞれの広告代理店のメリット・デメリットをまとめたものが下記の表です。

大手の広告代理店中小の広告代理店
メリット
  • 実績が豊富データ保有量が多いチームによる広告運用体制
  • 最先端の知見を保有している
  • 各担当者のレベルが高い
  • 柔軟な対応ができる
  • 運用代行手数料が安い
デメリット
  • 運用代行手数料が高い
  • 少額案件は後回しにされる
  • 実績に偏りがある
  • データ保有量が少ない

幅広い業界の実績を保有している各広告代理店の特徴を踏まえて上で、大手広告代理店のリスティング広告サービスの特徴について解説します。

大手広告代理店は、幅広い業界のリスティング広告の運用実績を保有しています。

具体的に説明すると「メーカー」「商社」「小売」「金融」「サービス」「マスコミ」「ソフトウェア・通信」「観光庁」の各業界のリスティング広告運用を保有しています。

中小広告代理店の場合は運用実績に偏りがある場合が多いため、豊富な運用実績は大手広告代理店の強みと言えるでしょう。

お客様の声に裏付けされた実績を持っており、業界動向や競合他社と差別化する方法など経験で培ったノウハウを活かした提案が期待できます。

同業界の競合他社の成功事例などを聞ける機会もあるでしょう。

参考:『Databeat【大手厳選】リスティング運用代行おすすめ広告代理店7選
関連記事:『リスティング広告のCPA改善方法7選!【業種別の平均CPAを徹底解説】

多くのデータに基づいた戦略立案が得意

大手広告代理店に依頼すれば、数多くのデータの基づいた戦略立案が期待できます。

なぜなら、中小企業の広告代理店より豊富なリスティング広告の運用実績を保有しているからです。

また、大手広告代理店は、月間1,000万以上の広告費用を活用した運用経験を持ち合わせています。

ビッグデータを保有していることは、大手広告代理店ならではメリットです。

ビッグデータに基づいた戦略立案をしてもらえることが、大手広告代理店へリスティング広告の運用を依頼するメリットです。

参考:『Databeat【大手厳選】リスティング運用代行おすすめ広告代理店7選
関連記事:『Google広告の予算設定方法を紹介!3点に注意して費用対効果を高める

複数名のチームで対応してもらえる

大手広告代理店ではチームによる広告運用体制が整備されており、手厚いサポートが期待できます。

具体的には、以下のような方がチームを組み、リスティング広告運用を代行してくれます。

チーム体制

  • プロジェクトマネージャー:リスティング広告運用の戦略や進行をする
  • アカウントプランナー:リスティング広告運用のアカウントを設計する
  • オペレーター:チームメンバーのサポートやお客様対応をする
  • デザイナー:リスティング広告に必要なクリエイティブを制作する

そのため、アカウント設計から広告配信までが短時間で終わります。

参考:『DigitalMarketingblog「運用型広告のインハウス化とは?始める時の注意点やよくある相談事例をご紹介!」』

最先端の広告運用の知見を保有している

大手広告代理店は豊富な運用実績を持っており、Google!広告やYahoo!JAPAN広告からパートナーとして認定されています。

各広告媒体のパートナーとして認定されるためには、運用実績や広告知識が求められて、厳正な審査を通過しなければいけません。

大手広告代理店は、基本的にパートナー認定の審査に通過しています。

各広告媒体のパートナー認定に認められると、一般の広告代理店が参加できないイベントへの参加や、最新の広告ツールを優先して利用できるようになります。

そのため、広告媒体が推奨する最新の手法を取り入れたリスティング広告運用をしてもらえるのです。

参考:『Databeat【大手厳選】リスティング運用代行おすすめ広告代理店7選

大手へリスティング広告運用を依頼する際の注意点

飛んでいくお金とそれに手を伸ばす泣いた男性

大手広告代理店へリスティング広告運用を依頼すると、数多くのデータを参考にした戦略立案が期待できたり、チーム制による広告運用が期待できたりします。

その一方で、リスティング広告運用の依頼先を間違えると、成果に結びつかなくなるので注意してください。

ここでは、大手へリスティング広告運用を依頼する際の注意点をご紹介します。

関連記事:『リスティング広告【自社運用・代理店運用】を4つの切り口で解説!

少額案件と認識されないようにする

大手広告代理店は、月額1,000万円規模のリスティング広告運用を代行しています。

そのため、30万円から100万円程度の広告運用は「少額案件」という枠組みにされてしまうケースが多いです。

少額案件の枠組みに入れられてしまうと、広告運用者として新人が付けられたり、片手間で広告運用されたりしてしまいます。

その結果、満足できる成果が得られなくなってしまうのです。

このように多額の広告費を取り扱っている大手広告代理店に依頼すると、少額案件として扱われる恐れがあることを理解しておきましょう。

参考:『PRIMENUMBERS「発注先に、大手代理店を選んではいけない理由」

担当者の知識・経験を確認しておく

リスティング広告運用の成果は、担当者の知識や経験で変動します

リスティング広告運用の実績を豊富に持つ大手広告代理店に依頼しても、新人担当者では理想通りの成果が見込めません。

なぜなら、リスティング広告運用の経験が乏しく、業界知識も乏しいため、納得のいく提案が期待しにくいからです。

広告代理店には、さまざまな担当者がおり、レベルは各自で異なります。担当者のレベル次第では、成果は期待できないかもしれません。

参考:『PRIMENUMBERS「発注先に、大手代理店を選んではいけない理由」
関連記事:『リスティング広告で詐欺?費用をムダにしない6つのポイント

初期費用や広告運用手数料が高いことを理解する

大手広告代理店は、中小広告代理店と比較すると初期費用や広告運用手数料が高くなりがちです。

具体的に説明すると、リスティング広告配信までのアカウント準備として初期費用(約10万円~)が必要になります。

また、運用代行手数料(広告費の約20%)もかかります。

中小広告代理店であれば、初期費用のディスカウントなど柔軟に対応してもらえるケースがありますが、大手広告代理店は基本的に応じてくれません。

運用代行手数料の負担が大きくなると、広告配信回数が減ってしまうので注意してください。

そのため、運用代行手数料を少しでも安く抑えて広告配信量を増やしたいという方には、大手広告代理店は不向きと言えるでしょう。

参考:『Databeat【大手厳選】リスティング運用代行おすすめ広告代理店7選

柔軟な対応が見込みにくいと理解しておく

大人数の従業員を抱える大手広告代理店は、組織運営のために、さまざまなルールが設けられています。

ルールを順守することは大切ですが、ルールに縛られ過ぎてしまうと、顧客の要望に柔軟に対応することは難しくなります 。

具体的な例をあげると、「初期費用を安く抑えてほしい…」「広告運用のレポート提示回数を増やしてほしい…」というような要望があっても、対応してもらうことは厳しいでしょう

参考:『PRIMENUMBERS「発注先に、大手代理店を選んではいけない理由」

営業が過剰に感じる広告代理店は避ける

案件獲得を目指して、広告代理店同士の競争は激化していますが、営業が過剰に感じる広告代理店は避けましょう。

営業に注力している広告代理店は、 契約が営業のノルマになっており、ゴールとなっているケースがあるためです。

このような広告代理店は、とにかく契約を取ることが最優先でその後のフォローを十分にしてもらえない場合があり、リスティング広告運用の質が悪い恐れがあります。

本当に広告運用の成果を出せていれば、リピーター顧客が付いており営業に注力する必要はないはずです。

女性編集者A
女性編集者A

そのため、営業が過剰に感じる広告代理店とのやり取りでは、営業担当に流されず、一度自社内で慎重に検討する姿勢が必要です。

参考:『PRIMENUMBERS「発注先に、大手代理店を選んではいけない理由」

大手へリスティング広告運用を依頼する際の注意点の対処法

男女がなにかをひらめいて電球を浮かべている

大手広告代理店にリスティング広告運用を依頼する場合に、依頼先を間違えると理想通りの結果が出ないと理解して頂けたと思います。

失敗を回避するためには、どうすれば良いのか対処法を把握しておきましょう。

ここでは、大手へリスティング広告運用を依頼する際の注意点の対処法をご紹介します。

広告媒体の認定代理店を選ぶ

Google PartnersやYahoo!広告の認定パートナーと呼ばれる各広告媒体の認定代理店を依頼先として選びましょう。

なぜなら、認定代理店はリスティング広告運用の知識や実績が認められており、広告効果を最大化するためのノウハウを保有しているからです。

認定パートナーは広告媒体が定める期間ごとの更新となっているため、最新知識を保有している広告代理店の判断材料にしても良いでしょう。

認定パートナーに対して、広告媒体社が最新情報を提供していたりツールを提供していたりするため、認定代理店に依頼すると手厚いサービスが受けられます。

参考:『Google広告ヘルプ | Google広告の認定資格について
参考:『Yahoo!JAPANマーケティングソリューション | セールスパートナー認定パートナー

リスティング広告担当者の知識・経験を確認する

リスティング広告運用の担当者の知識や経験を尋ねてみてください。

なぜなら、リスティング広告運用の成果は、担当者の実力に左右されるからです。

例えば、同業界のリスティング広告運用の実績を持っていても、担当者が業界知識を持っていなければ、満足できる具体的な提案が受けられないでしょう。

ペルソナの設定、競合優位性、最新動向などの面で具体的提案を受けられなければ、成果が見込めません。

また、新人担当者が付いてしまい、理想の成果が出ず、広告費用が無駄に流れたなどのトラブルも起きます。

このようなトラブルを防止するためにも、リスティング広告の担当者の知識・経験を確認してください。

参考:『Yahoo!JAPAN広告 | 失敗しないための検討ポイント
関連記事:『【3段階で分析】ボトルネック別・リスティング広告運用改善9案

広告代理店の平均年収・離職率を確認する

大手広告代理店への依頼が不安な場合は、平均年収や離職率を調べてみてください。

なぜなら、平均年収が高く離職率が低い広告代理店は従業員満足度が高く、十分にパフォーマンスを発揮できる環境で働いている可能性が高まるためです。

大手広告代理店の平均年収や離職率は、求人票を見れば調べられます。

働くモチベーションが高い担当者にリスティング広告運用してもらえれば、さまざまな提案がしてもらえて満足できる成果を出してもらえるでしょう。

参考:『アミジャット「リスティング広告代理店の選び方|オススメの代理店も紹介」

広告代理店のブログを確認する

広告代理店の運用担当者は、数多くのリスティング運用を担当しており、多忙だと片手間で作業されてしまいかねません。

このトラブルを回避するために、広告代理店のブログが更新されているかを確認しましょう。

ブログの運営が途中から止まっている企業は、日頃の業務で手一杯でブログの運営ができていない恐れがあります。

このような企業にリスティング広告運用を依頼しても、緻密な戦略立案や提案、サポートは期待できない場合があるため注意してください。

参考:『アミジャット「リスティング広告代理店の選び方|オススメの代理店も紹介」

自社目線で物事を考えてくれる広告代理店を選ぶ

リスティング広告運用は、自社目線で物事を考えてくれる広告代理店を選んでください

なぜなら、リスティング広告運用の知識や経験、業界知識を持っていても、自社の事業を理解してもらえないと広告効果は見込めません。

そのため、自社の強みや商品やサービスの優位性について積極的に聞いてくるような熱意を感じる広告代理店を選んでください。

また、お客様の要望に応えるだけではなく、方向性が間違っている場合は指摘をしてくれ、本当に成果に繋がる提案をしてくれる広告代理店を選ぶことをおすすめします。

参考:『Yahoo!JAPAN広告 | 失敗しないための検討ポイント
関連記事:『CTRを高める施策!レスポンシブ検索広告を使用するメリット2選

運用期間に余裕を持った状態で依頼する

リスティング広告運用を急に依頼したら、広告代理店に迷惑がかかり、理想の成果は出ません。

リスティング広告で成果を出すためには、依頼者側の事前準備が必要です。

少なくとも、リスティング広告運用の課題と自社情報や競合情報をまとめて開示できるようにしておきましょう。

また、リスティング広告運用の開始に余裕を持つことが大切です。なぜなら、短納期を希望すると、仕事でミスが生じやすくなるからです。

期待通りの成果を得るためにも、余裕を持った状態で依頼をしましょう。

参考:『リスティング広告|代理店の人間が考える代理店の見極め方と5つの選定ポイント

リスティング広告運用の契約前の確認項目

大きな鉛筆を持った男性が大きな紙になにかを書いている

男性編集者A
男性編集者A

リスティング広告運用の契約を締結する場合は、トラブルを防止するために、以下の項目を確認してください。

  1. 契約形態
  2. 初期費用の有無
  3. 最低出稿金額
  4. 最低掲載期間
  5. 中途解約時の条件
  6. アカウント共有の可否
  7. レポート提出の回数

ここでは、各項目のチェックポイントを解説します。

契約形態

リスティング広告運用の契約形態は広告代理店で異なるため、要望に見合う契約形態かを確認してください。

主な契約形態

固定料金型一定金額(固定)の広告運用手数料を支払う
料率型広告予算に対して一定のパーセンテージの広告運用手数料を支払う
料率変動型広告予算に応じてパーセンテージが変動する広告運用手数料を支払う
完全報酬型お問い合わせなど成果に応じて広告運用手数料を支払う

参考:『アイミツ「大手リスティング広告運用会社を4社ピックアップ」
関連記事:『成果報酬型リスティングサービスとは?4つの特徴を徹底解剖

初期費用の有無

リスティング広告運用を依頼する上で、初期費用がかからないかを確認してください。

なぜなら、リスティング広告を配信するまでに必要な準備として初期費用を請求する広告代理店が存在するからです。

具体的に初期費用に以下のようなものが含まれています。

初期費用に含まれるもの

  • アカウント作成
  • アカウント解説
  • キャンペーン設定
  • キーワード選定
  • 広告グループの作成
  • 広告文の作成
  • キーワードの設定

しかし、広告運用手数料に上記の準備が含まれている広告代理店も存在します。

そのため、料金トラブルが起きないように初期費用の有無を確認してください。

中小企業の広告代理店なら柔軟な値引きに対応してもらえますが、大手の広告代理店は契約通りに話が進むケースが多いです。

そのため、初期費用の有無を契約前に確認しましょう。

参考:『Web幹事「リスティング広告運用代行の費用と相場を徹底解説!【事例あり】」』

最低出稿金額

リスティング広告運用を依頼する上での最低出稿金額を確認しておきましょう。なぜなら、最低出稿金額は広告代理店に応じて異なるからです。

最低出稿金額の平均相場は20万~50万程度です。とくに大手広告代理店は最低出稿金額が高く設定されています。

そのため、最低出稿金額が予算に見合っているかを確認してください。

参考:『UNIAD「リスティング広告の費用はいくら?相場と実際の決め方を徹底解説」

最低掲載期間

リスティング広告運用の最低掲載期間も忘れずに確認しておきましょう。なぜなら、最低掲載期間は広告代理店に応じて異なるからです。

平均的な最低掲載期間は、約3~6ヵ月です。しかし、広告代理店に応じては1年を最低掲載期間と定めていることもあります。

このような広告代理店に依頼してしまうと、中途解約したくてもできないというトラブルが起きてしまうでしょう。そのため、契約前に最低掲載期間を確認してください。

参考:『Yahoo!JAPAN広告「リスティング広告代理店はどう選ぶ?失敗しないための検討ポイント」

中途解約時の条件

リスティング広告運用の成果が出ない場合に備えて、中途解約時の条件を確認しておきましょう。

なぜなら、広告代理店に応じて中途解約の条件が異なるからです。

広告代理店の中には、中途解約時に違約金が発生するケースが多いです。

契約書の内容を確認せずに中途解約時に違約金が発生して納得できないと広告運用に失敗するケースは珍しくありません。

そのため、中途解約時の違約金について確認しておきましょう。

参考『「リスティング広告の運用一年契約」契約途中解除の違約金について

アカウント共有の可否

広告代理店にリスティング広告運用のアカウント共有してもらえるかを確認してください。

なぜなら、広告代理店の中には、ナレッジ流出の防止を理由にアカウント共有に応えてくれないところもあるからです。

アカウント共有してもらえないと、どのような運用方法をしてもらえているのか具体的に把握できません。

広告運用の成果を把握するためにも、アカウント共有をしてくれる広告代理店を選んでください

参考:『Yahoo!JAPAN広告「リスティング広告代理店はどう選ぶ?失敗しないための検討ポイント」

おすすめの大手のリスティング広告サービス3選

大手広告代理店のリスティング広告運用の特徴を理解した上で、広告運用をお任せしたいと感じた方もいるでしょう。

大手広告代理店のリスティング広告運用の特徴は各社で大きく異なるので注意してください

ここでは、おすすめの大手リスティング広告サービスをご紹介するので参考にしてみてください。

業界特化型の運用体制が強み「株式会社オプト」

株式会社オプト

引用:『株式会社オプトオフィシャルサイト

  • 業界特化型のチーム編成による広告運用
  • 「自社」「競合」「市場」の3C分析など戦略的な運用が得意
  • 自社開発した広告効果を最大化するツールを活用した独自運用

株式会社オプトは、東京都千代田区に本社を持つ広告代理店です。

東証一部上場企業で、豊富なリソースを活用したスピーディーで柔軟性のある運用体制が魅力となっています。

他の広告代理店との大きな違いは業界特化型のチーム編成です。

金融業界や人材業界、不動産業界など業界特化型の広告運用をしています。

このようなチーム編成で広告運用することにより「自社」「競合」「市場」の緻密な3C分析など戦略的な運用でき、費用対効果の最大化を叶えてもらえます。

さらに、自社開発した広告サポートソリューション「ADPLAN LS×Marin」や効果測定システム「ADPLAN LS」など広告効果を上げるための自社開発ツールを保有していることも強みです。

業界特化型と独自開発したツールを活用したリスティング広告で成果を出してもらえて、大手広告代理店の御三家として紹介されることもあります。

会社名株式会社オプト
本社所在地東京都千代田区四番町6 東急番町ビル
電話番号03-5745-3623
公式サイトhttps://www.opt.ne.jp/

参考:『株式会社オプトのリスティング広告

株式会社セプティーニ・ホールディングス

株式会社セプティーニ・ホールディングス

引用:『SEPTENIオフィシャルサイト

おすすめのポイント

  • Google Premier PartnerやYahoo!広告認定パートナーを取得
  • 電通グループと協働した統合的なマーケティングが得意
  • AI活用したデータ解析が得意

株式会社セプティーニ・ホールディングスは、東京都新宿区に本社を持つ広告代理店です。東証JASDAQに上場しており、従業員数は1,551名(2021年9月時点)を誇ります。

各広告媒体のパートナーに認定資格「Google Premier Partner」や「Yahoo!広告認定パートナー」を取得しているため、各広告媒体の知見を活かした具体的な提案をしてもらえます。

更に、電通グループと協働しており、オンラインとオフラインを連携した統合的なマーケティングの提案をしてもらえることが大きな特徴です。

AIを活用したデータ解析を得意としており、ビッグデータを解析して、成果が見込めるリスティング広告を実現してくれます。

会社名株式会社セプティーニ・ホールディングス
本社所在地東京都新宿区西新宿8丁目17番1号
住友不動産新宿グランドタワー30F
電話番号03-6863-5623
公式サイトhttps://www.septeni-holdings.co.jp/

参考:『株式会社セプティーニ・ホールディングスの顧客データを活用したデジタルマーケティング

 株式会社サイバーエージェント

株式会社サイバーエージェント

引用:『株式会社サイバーエージェント

おすすめのポイント

  • 700名以上の広告運用者が在籍しており手厚い運用が見込める
  • クリエイティブ制作が得意でブランディング面の提案が受けられる
  • AIを活用した効果測定など最先端のリスティング広告運用が見込める

株式会社サイバーエージェントは、東京都渋谷区に本社を持つ広告代理店です。東証一部に上場しており5つの拠点に700名以上の広告運用者が在籍していることが大きな特徴です。

そのため、1社1社の広告運用を丁寧にしてくれます。

また、サイバーエージェントにはクリエイティブ専門部隊や制作専門の子会社があるため、ブランディングなどのクリエイティブ面の相談ができることが魅力です。

さらに、AIを活用した広告の効果測定をしているため、最先端技術を用いたリスティング広告運用が期待できます。

会社名株式会社サイバーエージェント
本社所在地東京都渋谷区宇田川町40番1号 Abema Towers
電話番号03-5459-0202
公式サイトhttps://www.cyberagent.co.jp/

参考:『株式会社サイバーエージェントのインターネット広告

 大手のリスティング広告サービスにはない「Union」の魅力

unionホームページ

引用:『株式会社Union

男性編集者A
男性編集者A

大手のリスティング広告サービスをご紹介しましたが、下記に該当する方は、Unionが提供するリスティングサービスも併せてご検討ください。

  • リスティング広告予算が限られている方
  • 顧客の要望に柔軟に対応してくれる代理店をお探しの方
  • 幅広い知見を持つ広告代理店をお探しの方

ここでは、当社株式会社Unionのリスティング広告サービスについて紹介します。

関連記事:『スマホ向けリスティング広告の特徴と成果を出す10の方法!

他の広告代理店より広告運用手数料が安価

Unionのリスティング広告運用費は、料率型の場合は広告費の約20%なっています。

この運用代行手数料に広告配信に必要な準備金の初期費用が含まれています。

また、広告運用の結果レポートは月1回発行されるケースが多いですが、1日1回レポートを提出させていただきます。

手厚いサポート力が大きな特徴となっており、費用対効果を感じて頂きやすいです。

関連記事:『広告レポート作成ツール8選!【PDCAの回し方も徹底解説】

LP作成から広告運用までワンストップで依頼可能

UnionはLP作成から広告運用までワンストップで依頼可能です。

例えば、自社でリスティング運営をしていたけれど、理想の成果が見込めないという方は、完全成果報酬型のリスティング広告サービスをご利用ください。

初期費用、運用手数料が発生せず、成果が出た際に広告運用手数料を支払えば良いだけなので、気軽に広告運用を委託できます。

さらに、別途費用はかかりますが、クリエイティブの制作も可能です。

男性編集者A
男性編集者A

御社で運用したリスティング広告が成果に結びつかなかった原因を洗い出していきます。

お客様の要望(料金体系や契約期間)に柔軟に対応

Unionのリスティング広告サービスは、顧客満足度を重視しているため、お客様の要望に柔軟に対応します。

例えば、契約形態は「料率型」と「完全報酬型」が選択できます。

そのため、お客様の都合に合わせたリスティング広告引用方法が提案可能です。

また、リスティング広告運用の最低契約期間などに関しても、ご希望をお伺いして決めていきます。

お客様が満足・納得できる状態でリスティング広告運用していくのが弊社のスタイルです。

各広告媒体の認定パートナーを取得済み

UnionはGoogle!広告やYahoo!JAPAN広告の認定パートナーを取得している広告代理店です。

大手広告代理店と同等のリスティング広告運用の知見が、各広告媒体社から認められています。

また、各広告媒体社からの最新動向やツールを提供してもらっているため、これらを活用したリスティング広告運用が提供できます。

まとめ

大手広告代理店のリスティング広告サービスは、数多くのデータに裏付けされた戦略立案やチーム体制による手厚いサポートが魅力となっています。

しかし、広告予算に応じては少額案件とみなされて、新人担当者が配置されてしまう恐れがあります。このようなメリット・デメリットを理解した上で、目的に合う広告代理店へ依頼してみてください。

この記事を読んで、大手広告代理店への依頼が難しいと少しでも感じたら、広告代理店に任せるのも一つの手です。

弊社ではリスティング広告運用代行というサービスを展開しております。

リスティング広告の運用経験を豊富に蓄積している他、Google広告、Yahoo!広告の正規代理店として認定されています。

蓄積されたノウハウから短時間で課題を解決に導きます。

また、薬事法管理者が在籍しておりますので、広告審査の厳しい薬事・医療系も対応可能です。

お客様のあらゆるニーズに対し 分析・調査を行い最適なプランをご提案しますので、お気軽にご相談下さい。

リスティング広告運用代行【Uniteo】継続率95%

この記事をシェア

  • RSS購読
  • リンクをコピー

この記事のカテゴリー

この記事のタグ

  • 資料請求をする
  • 無料相談をする

【資料ダウンロード(無料)】
DX時代の最適なWebプロモーション

Web広告運用代行のプロ集団「Union」
継続率95%以上の秘密!気になる実績やプランを掲載!

DX時代だからこそ効果が出る最適なWebプロモーション

【無料相談】メール24時間受付中!

Web広告運用のプロ集団がお悩みを解決します!

  • 広告の費用対効果が合わない
  • 社内で運用するリソースがない
  • 代理店の対応が遅い
  • 完全成果報酬型広告に興味がある
  • YoutubeやTikTokに動画広告を出したい
  • 効果の出る動画広告を作りたい etc.
tolist