0120679026 営業時間:10時~19時(土日祝除く)
今すぐダウンロードする

成果追求型Webマーケティングメディア

リスティング広告で詐欺?費用をムダにしない6つのポイント

  • RSS購読
  • リンクをコピー
リスティング広告で詐欺?費用をムダにしない6つのポイント

リスティング広告を出稿したけれど「理想通りの成果に結び付かない」と悩んだら、詐欺を疑ってみても良いかもしれません。

その理由は、広告代理店選びに間違えて詐欺トラブルに巻き込まれたり、広告詐欺と呼ばれるアドフラウドの被害を受けていたりする恐れがあるためです。

これらの詐欺トラブルに不安を感じると思いますが、解決策を把握しておけば、トラブルは防止できます。今回はリスティング広告の詐欺のトラブル事例と解決策を解説します。

男性編集者B
男性編集者B

この記事を読めば、詐欺トラブルを未然に防げるようになるため、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事:『スマホ向けリスティング広告の特徴と成果を出す10の方法!

リスティング広告運用代行【Uniteo】継続率95%

リスティング広告の詐欺(1)広告代理店

男性が、A社、B社、C社、D社を思い浮かべて首をかしげるイラスト
リスティング広告で成果を出すために、広告代理店は慎重に選びましょう。

その理由は、運用代行手数料だけ請求されて、リスティング広告の施策をしてくれない悪徳業者が存在するためです。

悪徳業者に依頼をしてしまうと理想通りの成果が見込めず、ムダな広告費を払わなければいけなくなります。

そのため、トラブル事例と解決策を覚えておきましょう。ここでは、広告代理店選びに失敗して起きる詐欺トラブルと解決法について解説します。

参考:『Listing+Magazine リスティング広告で「詐欺」に騙されない|安心できる代理店を見分ける8つのポイント

リスティング広告の施策を考えてもらえない

リスティング広告運用を広告代理店に依頼したにも関わらず、具体的な施策を考えてもらえないことがあります。

例えば、業務が逼迫している関係で「連絡の頻度が遅い」「担当者が頻繁に変わる」「経験の浅い担当者が付いている」などで綿密な提案が受けられない広告代理店が存在します。

このような広告代理店に依頼をすると「運用レポートの報告がない」「どのような施策が行われているかわからないのに運用代行手数料を毎月支払わなければいけない」などの悩みを抱えてしまうでしょう。

広告運用方法に納得ができず、不満が募ってしまうので注意してください。

参考:『Listing+Magazine リスティング広告で「詐欺」に騙されない|安心できる代理店を見分ける8つのポイント
関連記事:『Googleリスティング広告で効果を上げるための10のポイント

解決策(1):アカウント情報を開示してくれる代理店を選ぶ

リスティング広告の施策を考えてもらえるか不安に感じる方は、アカウント情報を開示してくれる広告代理店を選んでください。

その理由は、アカウント情報を開示してもらえれば、リスティング広告の施策の変更履歴をチェックできてリスティング広告運用の調整をしてくれているか把握できるためです。

よくある失敗例は、広告代理店にリスティング広告運用を完全に丸投げしてしまい、その内容を関知しないスタンスでいた関係で、運用が適当になっていくものです。

このような失敗を防止するためにも、アカウント情報を開示してもらってチェックできる状態にしておきましょう。

参考:『AdLiticsラボ 代理店へのリスティング運用代行依頼時に手数料より注意すべき9観点

解決策(2):広告代理店の口コミ・評判を検索する

広告代理店の口コミや評判を検索すれば、リスティング広告運用の施策を綿密に提案してくれるかが予測できます。

その理由は、詐欺行為をしている広告代理店であれば、悪評が立っているためです。

広告代理店の口コミや評判は、Googleビジネスなどで閲覧できますが、転職情報サイトに掲載されている社員の口コミも参考になります。

社員の業務負荷が大きい場合は、綿密な提案は期待できないと言っていいでしょう。

そのため、転職情報サイトに掲載されている社員の口コミから、業務量が逼迫していないかを予測してみましょう。

広告代理店の口コミ・評判を検索して、しっかりと提案してもらえるか確認することは非常に大切です。

参考:『Listing+Magazine リスティング広告で「詐欺」に騙されない|安心できる代理店を見分ける8つのポイント

広告運用レポートに虚偽内容が含まれている

広告代理店が提示する広告運用レポートに虚偽内容が含まれていたという詐欺トラブル例もあります。

とくに、表示回数やクリック率の水増しによる請求には注意してください。アカウント情報を共有していないことから誘発されてしまうという詐欺トラブルが多いです。

このような広告運用レポートの虚偽報告は、広告代理店側が悪いことは間違いありません。

しかし、広告代理店にリスティング広告運用を任せていたことが、そのような詐欺行為を許していたとも言えます。

女性編集者A
女性編集者A

このような詐欺被害に遭遇すると広告費用がムダに終わってしまうので注意しなければいけません。

参考:『Listing+Magazine リスティング広告で「詐欺」に騙されない|安心できる代理店を見分ける8つのポイント
関連記事:『Googleデータポータルでアナリティクスレポートを作る3つのメリット

解決策:リスティング広告の基礎知識を身に付ける

リスティング広告で虚偽内容が報告されたと判断できるように基礎知識を身に付けておきましょう。

業者側からすると、専門知識がない相手は容易に丸め込められます。

逆に専門知識を身に付けている相手であれば、広告代理店側も虚偽の報告はできないと慎重になるものです。

そのため、毎日30分で良いためリスティング広告の基礎知識を学習しましょう。

リスティング広告運用を学ぶためには、5つの方法があります。

関連記事:『リスティング広告のクリック単価改善方法【CPCの相場についても紹介】

公式ページで学ぶ

google広告ヘルプ
引用:『Google広告ヘルプ

Google広告やYahoo!広告の各媒体では、勉強に役立つ情報が提供されています。

Google広告ヘルプ」では、リスティング広告運用における基本事項やガイドライン等が学べます。

Yahoo!広告ヘルプ」ではキャンペーン作成から出稿、管理まで一連の流れが勉強できるので広告運用の方法を学びたい方向けです。

公式ページは正式な情報なので勉強に最適です。

スクールで学ぶ

「デジプロ」のホームページトップ画像
引用:『デジプロ 実務で使えるWebマーケティングスクール

リスティング広告に関する知識が学べるスクールがあります。

スクールにより講座内容や受講方法(通学・オンライン)が異なりますが、「Web広告運用基礎知識」「効果測定方法」「Googleアナリティクス使用方法」などマーケティング全般を学べます。

スクールとしては、「デジプロ」や「TechAcademy」などが有名です。

関連記事:『リスティング広告が学べるスクールの選び方とおすすめスクール5選

セミナーや勉強会に参加する

運用広告のセミナーの写真
引用:『ANAGRAMS 運用型広告のセミナー

セミナーや勉強会に参加をしてリスティング広告を学ぶことができます。

セミナーや勉強会に参加すれば、数時間でノウハウが得られます。

スクールに通う時間は取れないけれど、リスティング広告のプロからノウハウを学びたいという方におすすめの方法です。

リスティング広告会社が主催のセミナーなどもあるため、公式サイトを確認してみてください。

関連記事:『【3段階で分析】ボトルネック別・リスティング広告運用改善9案

 独学

ノートパソコンを開いて勉強する男性の写真
リスティング広告に関連する書籍を購入すれば、独学で学習できます。

リスティング広告の流れがわかりやすく記載されている初心者向けの書籍や成功事例をまとめた事例集の書籍などが販売されています。

自分のレベルに見合った書籍を購入してマイペースに勉強できることが独学の魅力です。

男性編集者A
男性編集者A

コツコツと勉強できる人は独学でリスティング広告を勉強してみるとよいでしょう。

関連記事:『リスティング広告運用が学べるブログ6選!レベル別におすすめを紹介

代理店のインハウス支援を利用する

ノートに鉛筆で文字を書く男性の手と、それを指さす別の男性の手

広告代理店によっては、リスティング広告の運用代行を依頼できるだけではなく、インハウスを支援するためのサービスを提供していることがあります。

インハウス支援を利用すれば、リスティング広告運用のプロから運用方法を学べます。

インハウス運用のチームを立ち上げたい、Web担当者の知識レベルを上げたいとお考えの企業から支持を集めている勉強方法です。

広告代理店によって、インハウス支援をしているかが異なるため、公式サイトを確認してみてください。

参考:『WHITE DISH リスティング広告の勉強方法5選【プロが実践している勉強法を紹介】

対応範囲が不明確で満足できるサービスが受けられない

広告代理店の対応範囲が不明確で満足できるサービスが受けられないトラブルもあります。

このようなトラブルは、広告代理店の対応可能な範囲を確認しなかったことが原因です。

ランディングページ制作に対応してもらえるのかなど契約締結前に確認しなければ、LPO対策(ランディングページ最適化)に応じてもらえないなどのトラブルが起きます。

女性編集者A
女性編集者A

CVRの向上のためにはLPO対策は必要不可欠なため、これらに対応できない広告代理店を選んでしまうと理想の成果が見込めません。

参考:『AdLiticsラボ 代理店へのリスティング運用代行依頼時に手数料より注意すべき9観点
関連記事:『LPO(ランディングページ最適化)とは?基礎知識と改善ポイント5選!

解決策:広告代理店の対応範囲を事前に確認する

広告代理店にリスティング広告運用を依頼する前に対応範囲を確認してください。

対応範囲を明確にしておくことで、どこまで対応してもらえるのか認識ミスが解消できます。

対応範囲で確認しておきたいことは2つです。

1つ目は、ランディングページ制作やLPO対策(ランディングページ最適化)の制作周りに対応してもらえるか。

2つ目は、どの広告媒体のリスティング広告に対応できるのかです。

現在は、リスティング広告を運用する上でランディングページ制作に対応できない広告代理店は致命的であると述べても過言ではありません。

そのため、必ず広告代理店の対応範囲を確認しておきましょう。

参考:『AdLiticsラボ 代理店へのリスティング運用代行依頼時に手数料より注意すべき9観点

リスティング広告運用の解約で高額請求がされてしまう

リスティング広告運用の代行依頼を解約する上で、高額請求されてしまう恐れがあります。

なぜなら、広告代理店に応じて契約の最低期間や中途解約の条件が異なるからです。

例えば、4ヵ月運用しても成果が見込めないために中途解約しようとしたら、1年縛りの契約で80万円の違約金が発生してしまったというトラブル事例があります。

女性編集者B
女性編集者B

このようなトラブルに巻き込まれると、大きな損害を被るため注意してください。

参考:『弁護士ドットコム 違約金 広告の法律相談

解決策:契約期間と中途解約の条件を確認する

リスティング広告運用を依頼する前に、契約期間と中途解約の条件を確認しておきましょう。

平均の契約期間は3ヵ月~6ヵ月前後となっています。

また、契約期間中に中途解約する場合は月数分の解約金が発生するのが一般的です。

広告代理店と契約を締結する前に、契約期間と中途解約の条件を確認しておけば、中途解約時の解約金リスクが抑えられます。

参考:『ECのミカタ リスティング広告運用代行を使うメリットは?選び方や各社の費用比較・料金相場まとめ

リスティング広告の詐欺(2)アドフラウド

ADSと泥棒のイラスト

リスティング広告の詐欺として「アドフラウド」にも注意しなければいけません。

アドフラウドとは詐欺広告と呼ばれ、リスティング広告の出稿料を詐取する不正手口のことをいいます。

不正業者に広告がクリックされてしまうと、効果が見込めないクリックに広告費を支払わなければいけなくなります。

このようなトラブルを避けるため、アドフラウドのトラブルと解決策を把握しておきましょう。

参考:『remacre net AD アドフラウドって何?ネット広告を始めるなら知っておきたい【不正広告】

ボットを悪用して広告がクリックされてしまう

ボットを悪用して不正クリックする悪質業者に注意してください。

悪質業者は、サーバー上でボットを操作して、ブラウザ上でクリックしたように見せかけてしまうことができてしまうからです。

ボットにクリックされてしまうと、広告が閲覧されていないにも関わらず広告費用を支払わなければいけません。

アドフラウド対策会社の株式会社Spider Labsの独自調査では、Web広告の内アドフラウドの割合は約4.4%と試算しており、国内の被害総額は年間で1,000億円越えと推測されています。

被害額は大きく、アドフラウドの被害によってリスティング広告の効果が見込みにくくなっていることは明らかです。

そのため、アドフラウド対策を行いましょう。

参考:『2021年下半期アドフラウド調査レポートを公開。年間推定被害額は1,000億円超!?

解決策:ブラックリストを作成してIPブロックする

ボットを悪用した不正クリックは、ブラックリストを作成してIPブロックすることで解決できます。

不正クリックと思われるIPアドレスを特定して、クリックできないように設定しましょう。この設定を自社で完結しようとする場合は相当な工数がかかります。

工数を削減したい場合は、アドフラウド対策の会社に相談をしてみてください。

ブラックリストを提供してもらえたり、アドフラウドを検知するアドベリフィケーション対策ツールを提供してもらえたりします。

これらを活用して不正クリックを防止しましょう。

参考:『MOMENTUM 広告詐欺「アドフラウド」って何?基本の内容から対策方法まで詳しく解説! Momentum株式会社

なりすまし広告で企業信用力が毀損してしまう

リスティング広告の詐欺で注意しなければいけないのは、不正クリックでした。

しかし、なりすまし広告と呼ばれる新しい手口の詐欺に注意しなければいけません。なぜなら、旅行業や自動車業、印刷業など各サービスでなりすまし広告が発生しているからです。

男性編集者B
男性編集者B

2022年2月にはアイリスオーヤマの公式通販サイト「アイリスプラザ」を装った偽サイトの被害が続出して注意喚起が呼びかけられました。

公式サイトの商品価格より大幅な値引きなどがされて顧客が偽商品を購入してしまうと企業信用力が毀損してしまいます。

このような意図をしないトラブルにも注意しなければいけません。

参考:『ITmedia NEWS アイリスオーヤマの“偽サイト”被害が増加中 大阪府警など相次ぎ注意喚起

解決策:広告の出稿状況を監視する

アイリスオーヤマの偽サイトが出たことで、警察が注意喚起をしていますが、同様の被害に巻き込まれてしまう可能性はゼロではありません。

広告の出稿状況を確認して、表示回数やクリック数が低くなったら「なりすまし広告」を疑ってみるようにしましょう。

現在は、なりすまし広告に対する対策は、広告の出稿状況を監視するしか方法はありません。

Google広告やYahoo!広告も審査や監視が年々厳しくなっているため、対応に期待をしましょう。

参考:『ASUE これマジ?】「なりすまし広告」の恐怖

詐欺トラブルを防止!リスティング広告運用会社の選び方

A社、B社、C社、D社と人差し指を立てる男性のイラスト
リスティング広告運用における詐欺トラブルを防止するために、広告代理店を慎重に選びましょう。

リスティング広告運用をどこの広告代理店へ依頼するかで成果が見込めるかどうかが決まります。

そのため、優良のリスティング広告運用会社の特徴を把握しておきましょう。

ここでは、リスティング広告運用会社の選び方について詳しく解説します。

参考:『ROKUJIGEN  Google広告は正規代理店に選ぶべき?認定制度と選び方のコツ

正規代理店の認定を受けている

広告代理店を選ぶ場合は、Google広告やYahoo!広告から正規代理店の認定を受けているかを確認しましょう。

その理由は、正規代理店は一定期間(Googleは過去90日間、Yahoo!は非公開)、一定水準の運用実績を超えていることが審査基準に設けられているためです。

それと合わせて、リスティング広告のスキルがあることも媒体側から認められています。

各媒体は正規代理店向けに最新情報やツールを提供しているため、認定を受けている広告代理店を選べば最新のノウハウを活用してリスティング広告を運用してもらえます。

参考:『ROKUJIGEN  Google広告は正規代理店に選ぶべき?認定制度と選び方のコツ

自社の広告運用メディアを定期的に更新している

広告代理店を選ぶ場合は、自社の広告運用メディアを定期的に更新しているかを確認しましょう。

リスティング広告運用で成果を上げるためには、最新情報など習得していかなければいけません。

また、リスティング広告運用の施策を考える時間が必要になります。自社の広告運用メディアを定期的に更新している広告代理店は業務に余裕があり、最新ノウハウを積極的に取り入れています。

逆の話をすれば、自社の広告運用メディアの更新が停まっている場合は、広告運用の業務が逼迫しているかもしれません。

このような広告代理店にリスティング広告の運用をお任せしても、綿密な提案は受けらないでしょう。

男性編集者A
男性編集者A

そのため、自社の広告運用メディアを定期的に更新している広告代理店を選んでみてください。

参考:『アミジャット リスティング広告代理店の選び方|オススメの代理店も紹介
関連:『株式会社Union | Union Media

業界に精通している運用担当者が提案してくれる

業界に精通している運用担当者がリスティング広告の施策を提案してくれるのかを確認しておきましょう。

なぜなら、広告代理店によっては運用担当者に会えないことがあるからです。例えば、広告代理店に応じては営業担当者と運用担当者が分かれていることがあります。

営業担当者はアカウントを運用しているわけではないため、リスティング広告運用の相談をしても上手く改善されない恐れがあります。

このようなトラブルを防止するために、広告運用担当者と直接取引ができる広告代理店を選びましょう。

参考:『アミジャット リスティング広告代理店の選び方|オススメの代理店も紹介

取り扱っている広告媒体が豊富である

リスティング広告運用会社の中には、Google広告やYahoo!広告にしか対応していない広告代理店も存在します。

リスティング広告は、その他にもLINE広告やTwitter広告があります。SNSが普及している現在では、LINE広告やTwitter広告も積極的に出稿していく必要があるでしょう。

いずれ、このような場所へ配信することを視野に入れている場合は、対応できる広告代理店を探しておくことをおすすめします。

また、他の広告媒体のリスティング広告を依頼する場合には、別途、運用代行手数料が発生するのか確認しておくと事業拡大する際などに便利です。

参考:『Listing+Magazine リスティング広告で「詐欺」に騙されない|安心できる代理店を見分ける8つのポイント
関連:『株式会社Union | リスティング広告

顧客インタビュー記事が掲載されている

広告代理店の公式サイトに掲載されている実績紹介(顧客インタビュー)を確認してください。

その理由は、依頼者の社名や課題や成果など具体的な内容が掲載されているかが、広告代理店の信用度を図る目安となるためです。

また、同じ業界の実績があれば、運用ノウハウがあると判断することができるでしょう。

実績紹介を確認する場合は、写真が付いており、依頼者名が公開されているものを信用してください。

これらの実績紹介を参考にして、運用ノウハウがあると判断できる広告代理店に依頼すれば満足度の高いサービスが受けられます。

参考:『Listing Magazine 【成果が出る】リスティング広告代理店の選び方15個のポイントを公開

複数の広告代理店に相談をしてみる

初めから1社の広告代理店に相談をせずに、複数の広告代理店へ相談してみてください。

複数の広告代理店を比較・検討することで自社にピッタリ合う依頼先が分かるようになります。複数の広告代理店を比較する場合は、以下の項目を比較してみてください。

[広告代理店を比較するポイント]

  1. 信頼できる広告運用担当者であるか
  2. 担当者1人当たりの広告運用数はどれぐらいであるか
  3. リスティング広告の運用体制はあるのか
  4. リスティング広告の最低の契約期間はどれぐらいなのか
  5. リスティング広告の中途解約はできるのか
  6. 広告アカウントを開示してもらえるのか
  7. リスティング広告の最低予算額が決められているのか
  8. サービスレベルの取り決めが定められているのか
  9. リスティング運用レポートの報告は定期的にしてもらえるのか

参考:『ANAGRAMS 【保存版】リスティング広告代理店、選び方の基準&10の重要チェックポイント

運用代行手数料が安い広告代理店に注意する

リスティング広告の運用代行手数料が安い広告代理店には注意してください。

その理由は、成果が出せている広告代理店であれば運用代行手数料を下げなくても広告代行の依頼が獲得できるためです。

運用代行手数料を平均相場以下にしている広告代理店は、集客に困っているか、手厚いサポートが見込めないかが想定されます。

運用代行手数料が安いと、その分を広告出稿に充てられると考えられがちですが、安さだけで飛びつかないようにしましょう。

どうしても気になる広告代理店があった場合には、サービスの対応範囲を確認することをおすすめします。

参考:『Listing+Magazine リスティング広告で「詐欺」に騙されない|安心できる代理店を見分ける8つのポイント

まとめ

今回はリスティング広告における詐欺トラブルと解決策をご紹介しました。

詐欺トラブルに巻き込まれてしまうと、リスティング広告を運用しても理想の成果が見込めません。

多額の広告費用を支払っても、お問い合わせに繋げられずにムダな支払いで終わってしまいます。

しかし、解決策を把握しておくトラブル対策をしておけば心配する必要はありません。

この記事では、トラブル事例と解決策をご紹介したため、参考にしながら対策をしてみてください。対策をして、リスティング広告の成果を少しでも上げていきましょう。

この記事を読んで、運用型広告の選定や出稿が難しいと少しでも感じたら、広告代理店に任せるのも一つの手です。

弊社ではリスティング広告運用代行というサービスを展開しております。

リスティング広告の運用経験を豊富に蓄積している他、Google広告、Yahoo!広告の正規代理店として認定されています。

蓄積されたノウハウから短時間で課題を解決に導きます。

また、薬機法医療法遵守広告代理店の認証を受けておりますので、広告審査の厳しい薬事・医療系も対応可能です。

お客様のあらゆるニーズに対し 分析・調査を行い最適なプランをご提案しますので、お気軽にご相談下さい。

リスティング広告運用代行【Uniteo】継続率95%

この記事をシェア

  • RSS購読
  • リンクをコピー

この記事のカテゴリー

この記事のタグ

  • 資料請求をする
  • 無料相談をする

【資料ダウンロード(無料)】
DX時代の最適なWebプロモーション

Web広告運用代行のプロ集団「Union」
継続率95%以上の秘密!気になる実績やプランを掲載!

DX時代だからこそ効果が出る最適なWebプロモーション

【無料相談】メール24時間受付中!

Web広告運用のプロ集団がお悩みを解決します!

  • 広告の費用対効果が合わない
  • 社内で運用するリソースがない
  • 代理店の対応が遅い
  • 完全成果報酬型広告に興味がある
  • YoutubeやTikTokに動画広告を出したい
  • 効果の出る動画広告を作りたい etc.
tolist