0120679026 営業時間:10時~19時(土日祝除く)
今すぐダウンロードする

成果追求型Webマーケティングメディア

リスティング代行業者の選び方17選!おすすめの代行業者まで紹介!

  • RSS購読
  • リンクをコピー
リスティング代行業者の選び方17選!おすすめの代行業者まで紹介!

リスティング代行業者に依頼をすれば、知識がなくても小規模から大規模まで問わずにリスティング広告が出せます。

しかし、リスティング代行業者の選び方を間違えてしまうと、広告主のビジネスや業界に精通してない運用担当者が配属されてしまうかもしれません。

または、広告アカウントが開示されずに、どのような施策をしてくれているか分からないと悩みが出てくるかもしれません。

このように、リスティング代行業者選びで理想の成果が得られるか変わるため、依頼先は慎重に選びましょう。

女性編集者B
女性編集者B

この記事は、リスティング代行業者の選び方からおすすめの業者まで解説します。

関連記事:『リスティング広告で詐欺?費用をムダにしない6つのポイント

リスティング広告運用代行【Uniteo】継続率95%

Contents

【運用担当者編】リスティング代行業者の選び方

【運用担当者編】リスティング代行業者の選び方イメージ

リスティング代行業者の満足度は運用担当者のノウハウで変わります。

そのため、次のような項目を確認した上で依頼先を決めましょう。

  1. 相性を確認する
  2. スキル・経験を確認する
  3. 提案内容を確認する
  4. 同業界の成功事例を見せてもらう

それぞれの確認項目について解説します。

相性を確認する

リスティング運用担当者との相性を確認してください。

その理由は、相性が良い担当者であれば要望や悩みの相談がしやすくなるためです。仕事の相性はパフォーマンスに大きな影響を与えるもののため、安易に考えてはいけません。

人によって相性が良い人は異なりますが、レスポンスが早くて積極的に提案してくれて、依頼者の目線で考えてくれるかを大切にしてくれるかを見極めましょう。

その担当者が過去に運用したものを聞くと有効的です。

参考:『LISKUL リスティング広告代理店の選び方と地雷を避けるチェックリスト

スキル・経験を確認する

リスティング代行業者の満足度は運用担当者のスキルや経験で決まります。

その理由は、マニュアル化できない案件別のリスティング広告運用は、運用担当者のスキルや経験に依存するためです。

例えば、リスティング広告運用のスキルや経験が少ない担当者が配属されてしまうと、理想の成果が見込めないというトラブルが起きます。

そのため、リスティング運用担当者のスキルと経験を尋ねてみてください。

男性編集者B
男性編集者B

過去に運用していたWebサイトのURLを共有してもらったり、どのような運用改善を行ったか具体的に聞くと有効かと思います。

参考:『LISKUL リスティング広告代理店の選び方と地雷を避けるチェックリスト

提案内容を確認する

リスティング代行業者の提案内容を比較・検討してください。その理由は、ヒアリングと提案力でレベルが把握できるためです。

自社の状況や課題を吸い上げてくれて、解決策となる提案をしてくれる担当者であれば安心できます。

また、具体的に説明すると解決策の提案時に類似事例(根拠)を提示してくれる担当者かどうかも信頼できるかどうかの指標として有効です。

参考:『LISKUL リスティング広告代理店の選び方と地雷を避けるチェックリスト

同業界の成功事例を見せてもらう

リスティング代行業者を利用する場合は、同業界の成功事例を見せてもらってください。

その理由は、小規模や中堅のリスティング代行業者は全業界の運用実績がないことが多く、ノウハウが蓄積されていないことがあるためです。

大手リスティング代行業者であれば、各業界の運用実績があるでしょう。しかし、運用手数料が高かったり、少額案件には経験が浅い担当者が付けられてしまったりします。

そのため、満足度の高いリスティング広告運用サービスを受けたい方は、小規模や中堅のリスティング代行業者に同業界の成功事例を見せてもらってください。

ROAS100%以上を達成、CVRが200%アップなど具体的な数字まで見せてくれる業者であれば、満足度の高いサービスが受けられるでしょう。

参考:『LISKUL リスティング広告代理店の選び方と地雷を避けるチェックリスト
関連記事:『リスティング広告のCPA改善方法7選!【業種別の平均CPAを徹底解説】

【運用体制編】リスティング代行業者の選び方

【運用体制編】リスティング代行業者の選び方イメージ

リスティング代行業者の運用体制でも満足度は変わります。そのため、次の項目を確認して依頼先を決めましょう。

  1. レポートの提出頻度を確認する
  2. 社内で運用しているブログを確認する
  3. 社員の待遇や離職率を確認する
  4. 取り扱っている媒体を確認する
  5. 業務の対応範囲を確認する
  6. スケジュールを提示してくれるか確認する

それぞれの確認項目について解説します。

レポートの提出頻度を確認する

リスティング広告の運用レポートの提出頻度を確認してください。

その理由は、各社で運用レポートの提出頻度は異なるためです。

業者の中には、月1度会社まで出向き、1時間近い説明を行う丁寧な会社があります。

また、複雑で詳細な運用レポートを依頼すると別料金が請求される会社も存在するため、気をつけてください。

このようなトラブルを防止するために、基本料金内でどのようなレポートを作成しているのか、どのぐらいの頻度で作成してくれるかを確認してください。

参考:『LeadPlus 良いリスティング広告代理店の選び方を解説
関連記事:『Googleデータポータルでアナリティクスレポートを作る3つのメリット

社内で運用しているブログを確認する

リスティング代行業者が社内で運用しているブログを確認しましょう。

多くのリスティング代行業者が運用ノウハウや広告に関する最新情報を発信しています。このブログを確認すれば、どの程度のリスティング広告運用のノウハウを持っているか判断できます。

社内ブログを定期的に更新して、Twitterなどで情報拡散されているようなユーザーから高い評価を受けているものを運用していれば、信用できる業者と判断して問題ありません。

女性編集者A
女性編集者A

このような判断に活かせるため、社内ブログを確認しましょう。

参考:『比較jp リスティング広告代理店を選び方
関連記事:『オウンドメディアでコンテンツを資産に! 目的と6つのメリットを紹介

社員の待遇や離職率を確認する

リスティング代行業者の運用体制を確認するために、社員の待遇や離職率を確認しておきましょう。

その理由は、リスティング広告運用の成果は担当者で決まるためです。

運用担当者がイキイキと仕事しているリスティング代行業者であれば、成果を出してくれる方と巡り合える可能性が上がります。

そのため、インターネット上で「業者名×評判」と検索したり、転職者向けの口コミサイトを確認したりして、社員の待遇や離職率、評判を確認してみてください。

参考:『LISKUL リスティング広告代理店の選び方と地雷を避けるチェックリスト

取り扱っている媒体を確認する

リスティング代行業者を比較する場合は、自社に必要な広告媒体を取り扱っているかを判断材料にしてみてください。

その理由は、Google広告やYahoo!広告はどこの広告代理店でも取り扱っていますが、その他の広告の取り扱い数は各社で異なるためです。

SNSが普及している現代では、Facebook広告、Instagram広告、Twitter広告、LINE広告、YouTube広告などの出稿も検討していかなければいけません。

そのため、将来を見据えて広告運用の依頼ができる業者であるかを見極めましょう。

参考:『LISKUL リスティング広告代理店の選び方と地雷を避けるチェックリスト
関連記事:『運用型広告の種類7選!【本当に効果のある広告はどれ?】

業務の対応範囲を確認する

リスティング代行業者の業務の対応範囲を確認してみてください。

その理由は、各業者で業務の対応範囲が異なるためです。

リスティング広告で成果を出すためには、設定や運用だけではなく遷移先のランディングページや動画にこだわる必要があります。

そのため、ランディングページや動画制作まで対応してもらえるか確認してみてください。

参考:『LISKUL リスティング広告代理店の選び方と地雷を避けるチェックリスト
関連記事:『WordPressで簡単!すぐできるLP(ランディングページ)入門!6種類のテーマ紹介

スケジュールを提示してくれるか確認する

リスティング代行業者に不安を感じる方は、綿密なスケジュールを提示してくれるか確認してください。

その理由は、リスティング広告のアカウント設計から広告出稿までのスケジュールが遅れてしまうと信頼できなくなり、大きなストレスを抱くことになるためです。

スケジュール管理への意識が異なれば、相手との関係性が悪くなります。このような問題を避けるため、余裕を持ったスケジュールで進めましょう。

男性編集者A
男性編集者A

それに併せて、リスティング業者側が明確なスケジュールを提示してくれるかを確認しておくと安心です。

参考:『LISKUL リスティング広告代理店の選び方と地雷を避けるチェックリスト

【料金体系編】リスティング代行業者の選び方

【料金体系編】リスティング代行業者の選び方イメージ

リスティング代行業者の料金体系を確認しておかなければ、予算内に収まらなかったり、計画が狂ったりする恐れがあります。

そのため、次の項目を確認しておきましょう。

  1. 広告運用手数料を確認する
  2. 初期費用を確認する
  3. 最低出稿金額を確認する

それぞれの確認項目について解説します。

運用代行手数料を確認する

リスティング代行業者の運用代行手数料が相場からかけ離れていないかを確認してください。

その理由は、各業者で運用代行手数料は異なるためです。

一般的にリスティング代行業者の運用代行手数料の平均相場は広告費の約20%前後です。そのため、リスティング広告費用100万円であれば、20万円の運用代行手数料を支払うことになります。

これらを大きく上回るようであれば、その理由を担当者に確認してください。

参考:『Data beat リスティング広告代理店選び完全ガイド〜上手な選び方や手数料の仕組み詳しく解説〜

初期費用を確認する

運用代行手数料の他に、初期費用が必要ないかを確認してください。

その理由は、広告配信までのアカウント設計の準備に初期費用を請求してくる業者が存在するためです。

初期費用には、以下のようなものが含まれています。

  • アカウント作成
  • キャンペーン設定
  • キーワードの選定
  • 広告グループの作成
  • 広告文の作成
  • キーワードの設定

これらの作業費用が運用代行手数料に含まれている場合と、初期費用で請求される場合があります。

男性編集者B
男性編集者B

そのため、広告予算の計画が狂わないように初期費用は必要かどうかの確認をしておきましょう。

最低出稿金額を確認する

リスティング代行業者に依頼する前に最低出稿金額を確認してください。

その理由は、会社の利益を確保するために最低出稿額を設定しているリスティング代行業者が多く存在するためです。

例えば、リスティング広告の運用手数料が20%場合は、広告費1万円だと利益は2,000円にしかなりません。このような場合は、運用コストに相当するリターンは見込めません。

そのため、リスティング代行業者は最低出稿金額を決めているのです。

各業者で最低出稿金額は異なるため、契約前に確認してください。

参考:『LeadPlus 良いリスティング広告代理店の選び方を解説

【契約関係編】リスティング代行業者の選び方

【契約関係編】リスティング代行業者の選び方イメージ

リスティング代行業者の契約内容を確認しておかなければ、中途解約ができなかったり、業務範囲外で対応してもらえなかったりなど予想外のトラブルが発生します。

そのため、次の項目を確認しておきましょう。

  1. サービスレベルを取り決めておく
  2. 契約期間・中途解約の条件を確認する
  3.  アカウントを開示してもらえるかを確認する
  4. アカウントが移行できるかを確認する

それぞれの確認項目について解説します。

サービスレベルを取り決めておく

契約時にサービスレベルの取り決め(SLA = Service Level Agreement)を確認してください。サービスレベルとは、運用手数料に含まれる業務対応の内容について明示しているものです。

サービスレベルを決めておけば、業務内容や責任の範囲を明確にできて、不要なトラブルを回避することができます。

そのため、リスティング代行業者と契約する際はサービスレベルを決めておきましょう。

一般的には、リスティング運用開始までの平均期間は約1ヵ月間ですが、いつから広告開始できるかを確認しておくと安心です。

参考:『ANAGRAMS 【保存版】リスティング広告代理店、選び方の基準&10の重要チェックポイント
関連記事:『中小企業のリスティング広告の始め方は2通り【自社運用VS業者依頼】

契約期間・中途解約の条件を確認する

契約する上で契約期間と中途契約の条件は必ず確認してください。

リスティング広告運用は成果が出るまで一定の契約期間を定めています。この契約期間は各社でバラバラです。

平均契約期間は3ヵ月~6ヵ月程度ですが、1年以上の契約期間を定めている業者も存在します。

契約期間が長い業者に依頼してしまうと、中途解約してもできなかったり、高額な違約金が請求されてしまったりするかもしれません。

このようなトラブルを避けるためにも、契約期間と中間契約の条件を確認してください。

参考:『LeadPlus 良いリスティング広告代理店の選び方を解説
関連記事:『リスティング広告【自社運用・代理店運用】を4つの切り口で解説!

アカウントを開示してもらえるかを確認する

リスティング広告運用をする上では、必ずアカウントを作成する必要があります。

アカウント管理画面を見れば広告運用状況が分かりますが、業者に応じては「自社のノウハウが筒抜けになるため、アカウントを開示できない」と言ってくることもあります。

このようなリスティング代行業者に依頼してしまうと、本当にリスティング広告運用の施策を考えてくれているのか分からないという状況に陥ってしまうかもしれません。

男性編集者A
男性編集者A

そのため、運用状況を自分で確認できるように、アカウントを開示してもらえるか確認しておきましょう。

参考:『LeadPlus 良いリスティング広告代理店の選び方を解説

アカウントが移行できるかを確認する

契約時にリスティング広告のアカウントを移行できるかを確認しておきましょう。

他の業者へ運用を切り替えたり、広告運用を内製化したりするという判断になるかもしれません。このような場合に、アカウント権限を譲渡してもらえるかは重要です。

例えば、譲渡不可の場合はアカウント作成に無駄な工数が発生してしまいます。

女性編集者A
女性編集者A

そのため、このような将来を想定して、アカウントが移行できるかを確認しておきましょう。

参考:『Data beat リスティング広告代理店選び完全ガイド〜上手な選び方や手数料の仕組み詳しく解説〜

リスティング代行業者を探す前にすべきこと4つ

リスティング代行業者を探す前にすべきこと4つイメージ

リスティング代行業者の選び方のポイントを押さえても、事前準備ができていないと満足のいくサービスは受けられません。

リスティング代行業者に成果を出してもらうために、社内で行える事前準備をしておきましょう。

ここでは、リスティング代行業者を探す前にすべきことをご紹介します。

他企業と差別化しておく

リスティング代行業者を依頼する前に、自社の商品やサービスの差別化をしておきましょう。

その理由は、自社の訴求軸が不明確なまま、リスティング広告運用を依頼しても成果が見込めないためです。

自社の商品やサービスを差別化して強みを共有しておけば、競合優位性のある広告運用の方法を提案してくれるはずです。

そのため、マーケティングのフレームワーク「3C分析」や「SWOT分析」を活用して、自社の商品やサービスの強みを明確にしておきましょう。

参考:『アミジャット リスティング広告代理店の選び方|オススメの代理店も紹介
関連記事:『Web広告の戦略を考えるときに使えるオススメのフレームワーク4選

ペルソナを設定しておく

リスティング代行業者に依頼する前に、自社のペルソナを設定しておくことも大切です。

その理由は、リスティング運用担当者がクライアントの商品やサービスの魅力を理解するまでには時間がかかるためです。

商品やサービスをどのような方が使用していて、どのような効果を感じているかを理解するまでには、半年程度の時間がかかるでしょう。

このような問題を解決するために、ターゲットユーザーとなるペルソナを設定して共有しておくのです。

ペルソナを設定しておけば、情報を参考にしてマッチしたリスティング広告運用をしてもらえます。

女性編集者B
女性編集者B

契約後にすぐに成果を出したいという方は、ペルソナを設定しておきましょう。

参考:『アミジャット リスティング広告代理店の選び方|オススメの代理店も紹介
関連記事:『ペルソナがなぜ重要なのか?LPの効果を高める作り方とポイント3選!

目標数値を定めておく

リスティング広告運用をお任せする場合には、達成したい目標があるはずです。

それらの目標は具体的な数値で示しておきましょう。

その理由は、ROAS(広告費用対効果)やROI(投資収益率)などの数値をリスティング代行業者と共有しておけば一緒に目標達成を目指していくためです。

目標数値を明確に定めておかなければ、「とにかくクリック単価を安くしてほしい」などの依頼をしてしまうかもしれません。このような依頼方法になると、広告の本来の目的を見失ってしまうでしょう。

事前にトラブルを防止するためにも、リスティング広告運用の目標数値を明確に定めておきます。

参考:『アミジャット リスティング広告代理店の選び方|オススメの代理店も紹介
関連記事:『リスティング広告のクリック単価改善方法【CPCの相場についても紹介】

わかりやすく依頼内容を伝える

リスティング代行業者へお問い合わせする前に、依頼内容をわかりやすくまとめておきましょう。

その理由は依頼内容をまとめておけば、リスティング代行業者からの確認事項が減り、スムーズに運用してもらえるためです。

以下に依頼内容のまとめ方を簡単にまとめたので、参考にしてみてください。

依頼内容の書き方

株式会社○○○○ 御中
リスティング広告運用の新規開始(または代理店変更)を検討しているため、御社のサービスについてお伺いさせて頂きたく、ご連絡をさせていただきました。

以下に、弊社の現状や要望を整理したため、ご覧になった上で対応可否を返信いただけますでしょうか。

対象サービス:BotoB向けSaaSサービス
サービスURL:http://××××××××××
ランディングページURL:http://××××××××××
月間リスティング広告予算:200万円~300万円
広告媒体:Google広告、Yahoo!広告、Facenook広告、Twitter広告
成果地点:リードの獲得
顧客獲得単価:15,000円
開始希望時期:来月から開始
課題:ランディングページのCVRを改善したい
○○○○株式会社
マーケティング部 担当○○○○
電話番号:XX-XXXX-XXXX
メールアドレス:XXX@XXXX.co.kp

おすすめのリスティング代行業者5選

リスティング代行業者の選び方と準備方法については理解して頂けたと思いますが、さまざまな業者が存在するため依頼先選びに悩んでしまうかもしれません。

このような悩みを解決するために、目的別に応じたおすすめのリスティング代行業者をご紹介します。

どこに依頼すべきか悩んでいる方は、ぜひ、参考にしてみてください。

手厚い対応力と提案力が強みの「株式会社Union」

株式会社Union公式サイト
引用:『株式会社Union公式サイト

株式会社Unionのおすすめのポイント

  • Google広告やYahoo!広告認定の資格保有者が在籍
  • お客様の要望に柔軟に対応できる柔軟性と提案力が魅力
  • 初期費用0円、最低契約期間は応相談など依頼がしやすい

株式会社Unionは、東京都渋谷区に拠点を構えるリスティング代行業者です。

Google広告やYahoo!広告認定の資格保有者が運用を担当し、費用対効果にコミットしてもらえます。CV数が178%アップした成功事例やCPAを56%削減した成功事例などを持っています。

お客様の要望に柔軟に対応する姿勢が大きな特徴です。

GoogleやYahoo!広告だけではなく、FacebookやTwitter、Youtubeなど豊富な媒体を取り扱っているため、さまざまな媒体に広告出稿できます。

レポートは1日1回提出するほか、どのような施策をしてくれるか透明性が保たれた提案をしてくれるので安心できます。

それだけではなく、初期費用0円で相談をすれば最低契約期間が相談できるなど、依頼しやすさでも支持を集めているリスティング代行業者です。

会社概要

URL https://union-company.jp/
TEL 03-6447-2184
所在地東京都渋谷区神宮前3-27-15 FLAG 1G
設立年2012年11月
価格感・初期費用:0円
・運用代行手数料:広告費用の20%
・最低出稿金額:33万円~

参考:『株式会社Union リスティング広告運用代行

大手広告代理店で高い信頼性を誇る「株式会社オプト」

株式会社オプトHP

引用:『株式会社オプト公式サイト

株式会社オプトのおすすめのポイント

  • 東証一部上場企業の傘下の信頼性の高いリスティング代行業者
  • 業界に特化した専門チームがリスティング広告を担当
  • 「自社」「競合」「顧客」の3C分析まで行ってくれる

株式会社オプトは、東京都千代田区に本社を構えるリスティング代行業者です。

親会社は東証一部上場している株式会社デジタルホールディングスのため、高い信頼性を誇ります。

同社は、業界に特化した専門チームがリスティング広告運用をしてくれることが大きな特徴です。

金融業界や人材業界、旅行業界など広告主の業界を得意とする運用チームを担当者に付けてもらえるため、業界の知見を活かした提案が受けられます。

リスティング広告運用を成功させるために必要不可欠な「自社」「競合」「顧客」の3C分析を行ってくることも魅力です。

初期費用や最低出稿金額は公開されていないものの、高い実績と信頼性を誇るリスティング代行業者です。

会社概要

URLhttps://www.opt.ne.jp/
TEL03-5745-3623
所在地東京都千代田区四番町6 東急番町ビル
設立年2015年4月
価格感・初期費用:要お問い合わせ
・運用代行手数料:要お問い合わせ
・最低出稿金額:要お問い合わせ

参考:『株式会社オプト リスティング広告
関連記事:『大手広告代理店にリスティング運用を依頼すべき?5つの注意点を紹介

多言語に対応した広告運用ができる「株式会社ANAGRAMS」

株式会社ANAGRAMSのホームぺージ

引用:『株式会社ANAGRAMS公式サイト

株式会社ANAGRAMSのおすすめのポイント

  • 最新トレンドを活かした広告運用をしてもらえる
  • 多言語に対応したリスティング広告の相談ができる
  • アカウント共有やアカウント移行ができる

株式会社ANAGRAMSは、東京都渋谷区に拠点を構えるリスティング代行業者です。

社内には、リスティング広告の仕組みを熟知した運用担当者が在籍しており、常に最新トレンドを反映した運用を行っています。

同社は「いちばんやさしいリスティング広告の教本」などを出版しており、高い知見を持つリスティング代行業者として認知されています。

他社との大きな違いは、日本語のリスティング広告運用だけではなく、英語やドイツ語など多言語に対応ができるところです。

そのため、日本以外でのプロモーションを検討している際の相談先としておすすめです。

また、リスティング広告のアカウントを共有してもらえたり、移行ができるようにしてもらえたりなど顧客目線を意識した運用をしてくれます。

会社概要

URL https://anagrams.jp/
TEL03-6412-7449
所在地東京都渋谷区千駄ヶ谷4丁目4-4 フィールド北参道 1F・2F
設立年2010年4月
価格感・初期費用:要お問い合わせ
・運用代行手数料:広告費用の20%
・最低出稿金額:要お問い合わせ

参考:『株式会社ANAGRAMS リスティング広告運用代行

医療系の広告運用を得意とする「株式会社クリエル」

株式会社クリエルHP

引用:『株式会社クリエル公式サイト

株式会社クリエルのおすすめのポイント

  • WebサイトやLP制作を得意としている
  • CS室による手厚いサポートが受けられる
  • 薬機法に精通したスタッフが在籍しており医療系分野の広告が得意

株式会社クリエルは、福岡県福岡市に本社を構えるリスティング代行業者です。

Webサイト制作を主業務にしており、リスティング広告を始めたので、LP制作を得意としています。

コンバージョンに繋がるLP制作の提案をしてくれるなど、制作や運用までワンストップでお任せできることが魅力です。

万が一、リスティング広告運用やWebサイトに不満を感じた場合は、CS室にお問い合わせをすれば迅速に対応してくれます。

それだけではなく、広告運用の状況を定期的に見てくれるため、手厚いサポートが期待できます。

また、他社との大きな違いは薬機法に精通したスタッフが在籍していること。

そのため、医療系の広告を検討している方向けのリスティング代行業者です。

会社概要

URLhttps://www.creal.co.jp/
TEL092-292-7427
所在地福岡県福岡市博多区博多駅南1-2-3 博多駅前第一ビル7F
設立年2008年1月
価格感・初期費用:お問い合わせ
・運用代行手数料:お問い合わせ
・最低出稿金額:お問い合わせ

参考:『株式会社クリエル リスティング広告

広告運用のインハウス化をサポートしてくれる「株式会社UNIAD」

株式会社UNIADのホームページ

引用:『株式会社UNIAD公式サイト

株式会社UNIADのおすすめのポイント

  • リスティング広告運用の継続率は94%と支持を集めている
  • ロングテールキーワード積み上げ式の運用で費用対効果を発揮
  • 広告運用のインハウス化のサポートを実施している

株式会社UNIADは、東京都港区に拠点を構えるリスティング代行業者です。

お客様1人1人に寄り添い、専門知識と緻密な戦略で集客数をアップしていきます。

6ヵ月以上継続して依頼している顧客は全体の約94%と高い継続率を誇っていることも大きな特徴です。

同社は、リスティング広告の中でも「ロングテールキーワード積上式」の運用を得意としており、細かい網を張り、少ない費用で高い広告効果を出していきます。

また、他の企業と大きく異なることは広告運用のインハウス化をサポートしてもらえることです。

そのため、将来的には社内でリスティング広告運用をしていきたいとお考えの方におすすめのリスティング代行業者です。

会社概要

URLhttps://www.uniad.co.jp/
TEL03-6721-0877
所在地東京都港区赤坂7-2-3 赤坂ジートルンクビル 2F
設立年2015年9月
価格感・初期費用:8円
・運用代行手数料:広告費用の20%
・最低出稿金額:要お問い合わせ

参考資料:『株式会社UNIAD リスティング広告運用代行

まとめ

今回は、リスティング代行業者の選び方とおすすめの業者について解説しました。

説明が長くなったため、最後にリスティング代行業者の選び方をおさらいしておきましょう。

リスティング代行業者の選び方

運用担当者相性を確認する
スキル・経験を確認する
提案内容を確認する
同業界の成功事例を見せてもらう
運用体制レポートの提出頻度を確認する
社内で運用しているブログを確認する
社員の待遇や離職率を確認する
取り扱っている媒体を確認する
業務の対応範囲を確認する
スケジュールを提示してくれるか確認する
料金体系広告運用手数料を確認する
初期費用を確認する
最低出稿金額を確認する
契約関係サービスレベルを取り決めておく
契約期間・中途解約の条件を確認する
アカウントを開示してもらえるかを確認する
アカウントが移行できるかを確認する

上記の項目を確認して、リスティング代行業者を選べば満足度が高いサービスが受けられるでしょう。

この記事では、おすすめのリスティング代行業者まで紹介したため、ぜひ、参考にしてみてください。

弊社ではリスティング広告運用代行というサービスを展開しております。

リスティング広告の運用経験を豊富に蓄積している他、Google広告、Yahoo!広告の正規代理店として認定されています。

蓄積されたノウハウから短時間で課題を解決に導きます。

また、薬事法管理者が在籍しておりますので、広告審査の厳しい薬事・医療系も対応可能です。

お客様のあらゆるニーズに対し 分析・調査を行い最適なプランをご提案しますので、お気軽にご相談下さい。

リスティング広告運用代行【Uniteo】継続率95%

この記事をシェア

  • RSS購読
  • リンクをコピー

この記事のカテゴリー

この記事のタグ

  • 資料請求をする
  • 無料相談をする

【資料ダウンロード(無料)】
DX時代の最適なWebプロモーション

Web広告運用代行のプロ集団「Union」
継続率95%以上の秘密!気になる実績やプランを掲載!

DX時代だからこそ効果が出る最適なWebプロモーション

【無料相談】メール24時間受付中!

Web広告運用のプロ集団がお悩みを解決します!

  • 広告の費用対効果が合わない
  • 社内で運用するリソースがない
  • 代理店の対応が遅い
  • 完全成果報酬型広告に興味がある
  • YoutubeやTikTokに動画広告を出したい
  • 効果の出る動画広告を作りたい etc.
tolist