今すぐダウンロードする

成果追求型Webマーケティングメディア

Google広告のコンバージョンタグをタグマネージャーで設定する5ステップ

  • RSS購読
  • リンクをコピー
Google広告のコンバージョンタグをタグマネージャーで設定する方法

商品販売数やイベントなどの申込数を増やしたいときにGoogle広告を検討される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

より適切に広告を運用するためには、広告がどれくらい成果に貢献しているのかを計測して、その計測データをもとに費用対効果を分析したり効果の悪い広告を見極めて改善する必要があります。

Google広告が成果にどれくらい貢献しているのかを計測するためにはコンバージョンタグを設定し、Web サイトにタグを埋め込む必要があります。

しかし、Webサイトに直接タグを埋め込むのはタグの管理が煩雑になったり、修正が必要になった際に毎回Webサイトの編集が必要になったりなど大きな手間が発生します。

このような手間を減らして作業と管理を効率化するにはGoogleタグマネージャーの使用がオススメです。この記事では、Google広告のコンバージョンタグをGoogleタグマネージャーで設定する方法をご紹介します。

タグ設置後に効果を上げる方法については、下記記事を参照ください。
Googleリスティング広告で効果を上げるための10のポイント

Google広告のコンバージョンタグの種類

コンバージョンタグの設定方法を紹介する前に基本的な用語の解説をします。Google広告では一般的に大きく分けて以下3つの広告タグを使用します。

コンバージョンリンカータグ

コンバージョンリンカーイメージ

Googleタグマネージャーの公式ヘルプはコンバージョンリンカータグについて以下のように説明しています。

コンバージョンリンカータグを使って、クリックデータをタグで計測し、コンバージョンを効果的に測定できます。

コンバージョンリンカータグを使用すると、コンバージョンページのURLに含まれる広告クリック情報が自動的に検出され、その情報がウェブページのドメイン上にあるファーストパーティのCookieに保存されます。そしてURLに含まれるデータがAMPページに渡されます。コンバージョンリンカータグを Googleマーケティングプラットフォームのサービスで使用する場合、コンバージョンリンカータグにはこれらのCookieに一意の識別子も格納されます。

引用:『タグマネージャーヘルプ「コンバージョン リンカー

平たく述べると、コンバージョンリンカータグを使用することによってサイトを横断したユーザーの行動データも分かるようになり、より正確なコンバージョン情報の取得が可能になります。

2021年12月現在、AppleのSafariブラウザでは「ITP (Intelligent Tracking Prevention)」と呼ばれるトラッキング防止機能 によってコンバージョン情報の取得が難しい状況になっていますが、コンバージョンリンカータグを使用することでこの問題も解決できます。Googleタグマネージャーではコンバージョンリンカータグの設置が必須となります。

リマーケティングタグ

リマーケティングイメージ

リマーケティングとは、一度自社サイトに訪問したことのあるユーザーに対して、再アプローチを促すことです。一度サイトを訪れたユーザーはサービスに興味を持っている可能性が高く、再アプローチすることでコンバージョンに繋げやすくなります。

イスラエルのモバイル広告のアトリビューション分析サービス「AppsFlyers」の2020年の調査では、ユーザー獲得とリターゲティングの両方を実施しているアプリのコンバージョンの少なくとも30%を、リターゲティングコンバージョンが占めている結果が出ていました。*1

このリマーケティングをするための情報を収集する役割を果たすのがリマーケティングタグです。リマーケティングをするためにはリマーケティングタグを用意するだけではなくGoogle広告上でオーディエンスリストを作成する必要があります。この作成方法は後ほどご紹介します。

*1引用:『アプリあたりの平均リターゲティングコンバージョン率地域別(2020年1月〜2月)

コンバージョンタグ

コンバージョントラッキングイメージ

コンバージョンタグはGoogle広告のコンバージョンを測定するための計測タグです。コンバージョンタグはグローバルサイトタグとイベントスニペットと呼ばれる2つの構成要素によって成り立っています。

(1)グローバルサイトタグ

Google広告アカウントに対して発行されるタグですべてのページにタグを設置する必要があります。ただし、今回紹介するGoogleタグマネージャーを利用してタグを設置する場合は前述のコンバージョンリンカータグを追加するだけで対応が完了します。

参考:『Google広告ヘルプ「Google 広告のコンバージョントラッキングにグローバルサイトタグを使用する」

(2)イベントスニペット

グローバルサイトタグはイベントスニペットと連携してコンバージョンをトラッキングします。グローバルサイトタグとは異なり、イベントスニペットはコンバージョンを計測したいページにのみタグを設置すれば問題ありません。トラッキングできるコンバージョンの一例として以下が挙げられます。

  • Webサイトでの購入
  • ニュースレターの登録
  • ボタンのクリック、その他のWebサイト上のユーザー行動
  • アプリのインストールやアプリ内購入
  • 電話件数
  • 広告掲載後に発生した来店数や電話件数などのオフラインコンバージョン

Googleタグマネージャーとは

GTMwebsite

Googleタグマネージャー公式サイト

 

Webサイトを運営しているとGoogle広告やその他広告に限らず、Googleアナリティクスやヒートマップなど様々なツールのタグをWebサイトに埋め込む機会が発生することもあります。様々なツールのタグを1個1個Webサイトや、ウェブページに直接設定するのでは管理も編集も煩雑になり大変です。

このような問題を解決できるのが「Googleタグマネージャー」です。GoogleタグマネージャーはGoogleが無料で提供しているツールであり使用するメリットは以下の3つが挙げられます。

メリット1

Googleが提供するサービスのタグに限らず全てのタグをコード編集なしで一元管理できます。Webサイトに設定されているタグの把握がしやすくなるので人為的なミスが発生するリスクを低減することができます。

メリット2

タグを設置する場合あるいは何らかの変更が必要になった場合には該当する全てのページのHTMLコードにタグの情報を反映させてアップロードしなくてはいけません。

しかし、Googleタグマネージャーのタグを一度Webサイトに設置すれば、各ツールのタグの情報はGoogleタグマネージャーのタグに情報が記述されているため新規追加・変更などが発生してもWebサイトを更新する必要がなく作業の効率化に繋がります。

メリット3

Googleタグマネージャー上に各タグを記載し、記載した内容の反映もタグマネージャーの管理画面上から行えるためWebサイトの編集および更新が不要となり作業速度が向上します。

コンバージョンタグをタグマネージャーで設定

今回はコンバージョンリンカー及びGoogle広告からの購入申込の計測とリマーケティングタグの設定方法を例として紹介します。

事前に用意するもの

  • Google広告アカウント
  • Googleタグマネージャーアカウント
  • 計測したいWebサイトあるいはWebページ

計測したいページにタグを設置する

GTM登録

Googleタグマネージャー公式サイト

Googleアカウントにログインした状態でGoogleタグマネージャーのWebサイトにアクセスし、画面右上の「タグマネージャーにログイン 」を選択します。

アカウントを作成

アカウントを作成」を選択します。

 

アカウント作成画面

アカウントの設定をします。

アカウント名」は自分が分かりやすい任意の名前を設定します。私たちは企業名(サービス名)にする場合が多いです。「国」は自分たちの主要な国を選択します。

男性編集者A
男性編集者A

国は多くの方が「日本」になるのではないかと思います

 

Googleや他の人と匿名でデータを共有

Googleや他の人と匿名でデータを共有 」はチェックを入れるとベンチマークサービスが使えます。ベンチマークサービスではサイトが特定されるすべての情報を削除したうえで、自分のサイトや他の人のサイトのデータを合わせて総合的な傾向を見ることができます。

続いて「コンテナの設定」です。「コンテナ名」に任意の名前を設定します。「ターゲットプラットフォーム」は計測したい媒体の種類を選択します。今回はWebサイトの計測なので「ウェブ」を選択します。すべて設定出来たら一番下の「作成」をクリックします。

 

男性編集者A
男性編集者A

コンテナ名は特にこだわりがなければサイト名にすると分かりやすいです。

 

GDPRチェック

利用規約が表示されます。「English」のプルタブを選択すれば言語を切り替えできますが日本語は対応していません。規約の内容を確認したのち「GDPRで必須となるデータ処理規約にも同意します」にチェックを入れて画面右上の「はい」を選択します。

 

タグのインストール情報

Googleタグマネージャーのタグが発行されるので、Web サイトの全ページの<head> <body>の中にそれぞれコードを設置します。これによりGoogleタグマネージャーでタグの管理と運用が出来ます。

Google広告コンバージョンリンカーを設置する

Googleタグマネージャーでは計測設定するために「タグ」と「トリガー」を設定します。「タグ」ではどのタグを使うのか、「トリガー」はどんな条件のときに測定するのかを設定するイメージです。

その他には「変数」を設定する場合もあります。「変数」は動的な値を取り込むために使用されます。例えば他からの割り込みがない一連の命令文全体を指すトランザクション値 や商品IDをコンバージョントラッキングタグに渡したいときに使用するなどが想定されます。

 

タグ新規作成

測定したいアカウント、コンテナを選択しワークスペースを表示します。左メニューの「タグ」を選択し「新規」をクリックします。

 

タグの設定

画面右上の項目にタグの名前を入力します。コンバージョンリンカーという名称をつけると分かりやすいです。名前の設定後「タグの設定」をクリックします。

 

タグタイプをコンバージョンリンカーに設定

画面右側に表示される「タグタイプを選択」の中から「コンバージョンリンカー」を選択します。

 

トリガーの設定

通常リンカーのオプションは設定不要です。複数のドメインにランディングページとコンバージョンページがある場合など設定が必要なケースについてはGoogleタグマネージャーのヘルプページを参照ください。タグの下にある「トリガー」を選択します。

参考:『タグマネージャーヘルプ「コンバージョンリンカー」

 

All Pagesを選択

トリガーの選択一覧が表示されるので「All Pages」を選択します。

 

保存を選択

画面右上の「保存」をクリックします。

 

タグ一覧に追加されていることを確認

ワークスペースの「タグ」一覧で作成したタグが追加されていることを確認します。

コンバージョンタグを設置する

Google広告のアカウント上でコンバージョンを作成し、その後Googleタグマネージャーで設定をします。

ツールと設定

Google広告アカウントにログインして管理画面上部のメニュー「ツールと設定の中にある「測定」を選択、「コンバージョン」をクリックします。

 

新しいコンバージョンアクション

測定したい媒体を選択します。今回はWebサイトの計測なので「ウェブサイト」を選択します。

 

コンバージョンアクションの作成

コンバージョン情報を設定します。

目標とアクションの最適化」ではどんなアクションをコンバージョンとして登録したいかを項目の中から選びます。今回はサービスの申込みを成果地点としたいので「申し込み」を選択します。「コンバージョン名」は自分が分かりやすい任意の名称を入力します。

」はこのコンバージョンにどれくらいの価値(想定購入額など)があるのかを入力します。この値を入力することによってコンバージョンの発生数だけではなくどれだけ価値を生み出しているのかも確認できます。今回は申込み1件につき一律5,000円の価値があるとして設定しています。

カウント方法」は1回のインタラクションで複数のコンバージョンが発生したとき、すべてのコンバージョンをカウントするか初回のみカウントするかを設定します。

コンバージョンの計測期間内に複数のコンバージョン発生が想定される場合は「全件」、ユーザー登録や申込みなど1ユーザーにつき1登録のみが想定されるものは重複カウントを防ぐために「初回のみ」を選択します。

ビュースルー設定

続いてコンバージョンの計測期間を設定します。

クリックスルーコンバージョンの計測期間」は配信された広告をクリックしてWebサイトを見たユーザーがその時コンバージョンアクションをせず、後日再びWebサイトに訪問してコンバージョンアクションをしたときにコンバージョンをカウントする期間を設定します。

例えば計測期間 を30日間に設定するとします。広告をクリックしたユーザーがクリックの29日後に商品を購入した場合は、コンバージョンとしてカウントされます。しかし、クリックの 31日後に商品を購入した場合は、コンバージョンとしてカウントされません。

エンゲージビューコンバージョンの計測期間」は動画のエンゲージメント後、どのくらいの期間コンバージョンを計測するかを選択します。広告動画を10秒以上視聴したときにエンゲージとしてカウントします。

ビュースルーコンバージョン計測期間」は広告が表示されてからどれくらいの期間ビュースルーコンバージョンを計測するかを選択します。クリックビュースルーは広告をクリックした場合にカウントしますがビュースルーは広告が表示された時にカウントされます。

アトリビューションモデル」はコンバージョンに至るまでの各広告インタラクションにどれほどの貢献度を割り当てるかを選択します。

すべて設定できたら「作成して続行」をクリックします。

 

男性編集者A
男性編集者A

アトリビューションモデルは今回「線形」を選択しています。選択可能であれば「データドリブン」を使用しても良いでしょう。アトリビューションモデルの詳細は下記のGoogle広告ヘルプをご確認ください。

参考:『Google広告ヘルプ「各アトリビューションモデルについて」

 

一番右端のタグマネージャーを設定

タグの設定方法を選択します。ここでは「Googleタグマネージャーを使用する」を選択します。

 

タグマネージャーを使用する

コンバージョンIDとコンバージョンラベルが表示されるので、この2つの情報をメモしたあとにGoogleタグマネージャーを開きます。

 

トリガー新規作成

まずコンバージョンのトリガーを作成します。今回はユーザーが申込みした後に表示される申込み完了ページ(サンクスページ)が表示されたときにコンバージョンとしてカウントします。

 

サンクスページのトリガー設定をクリック

トリガーの名前を任意に設定します。申込み完了ページやサンクスページなどと付けると分かりやすいです。その後「トリガーの設定」をクリックします。

 

サンクスページのトリガー詳細

ページビュー」を選択後、「一部のページビュー」を選択し、「Page URL、「含む」、コンバージョンとなるページのみに付与されている一部または全部のURLを入力して「保存」をクリックします。これでコンバージョンのトリガーが作成できましたので、次にタグを設定します。ワークスペースの左メニューにある「トリガー」を選択し「新規」をクリックします。

 

タグ新規作成

コンバージョンリンカーを設定したときと同じようにワークスペースの左メニューのなかにある「タグ」を選択後「新規」をクリックします。タグの名前を「Google_申込み」など分かりやすい名前にします。「タグの設定」で「Google広告のコンバージョントラッキング」を選択します。

 

コンバージョントラッキング設定

コンバージョンID、コンバージョンラベルの項目に先ほどGoogle広告でメモした値をコピペします。コンバージョン値はGoogle広告で設定した値と同じものを使用します。その他は入力せず、そのままでも問題ありません。トリガーは先ほど作成したサンクスページを設定し「保存」を選択します。

設定後再びGoogle広告の先ほどの画面に戻り「次へ」を選択して「完了」をクリックします。

 

コンバージョンアクションの申込完了

これでコンバージョンタグの設定が完了しました。

リマーケティングタグを設置する

続いてリマーケティングタグを設定します。最初にGoogle広告アカウントを開きます。

オーディエンスマネージャー設定

画面右上のメニュー「ツールと設定」を選択し「共有ライブラリ」のなかにある「オーディエンスマネージャー」をクリックします。

 

+ボタンをクリック

+(追加)ボタンをクリックして、「Webサイトを訪れたユーザー」を選択します。

 

リマーケティングの設定

セグメント名」に任意の名前を入力します。「セグメントのユーザー」でカウントするユーザーの条件を選択し、「訪問したページ」でどのページをユーザーが訪問した場合にカウントするかを選択します。

事前入力オプション」ではGoogle 広告で過去30日間に接点を持ったユーザーを事前に登録するか、オーディエンスリストをゼロの状態から始めるかを選択できます。

有効期間」は条件に合うユーザーをリストに蓄積する期間です。デフォルトでは30日に設定されています。「説明文」では自分のメモ用として任意に使用します。設定後「セグメントを作成」を選択します。

 

データソースから詳細を選択

オーディエンスマネージャーの左メニューにある「データソース」を選択後、Google広告タグの「詳細」をクリックします。

 

タグ設定でタグマネージャーを選択

ページ下部にある「タグを設定する」から「Googleタグマネージャーを使用する」を選択します。

 

コンバージョンIDをメモ

ここで表示される「コンバージョンID」をメモしてGoogleタグマネージャーを開きます。

 

タグ新規作成

Googleタグマネージャーのワークスペース画面で左メニューにある「タグ」を選択し「新規」をクリックします。

 

リマーケティングのタグ設定

タグに任意の名前を入力し、タグの種類で「Google広告のリマーケティング」を選択、「コンバージョンID」に先ほどメモしたGoogle広告のコンバージョンIDを入力します。その他は通常そのままで問題ありません。トリガーは「All Pages」にして「保存」をクリックします。

これでリマーケティングタグの設定が完了です。

正しく設定されていることを確認する

最後に正しくタグが設定されていることを確認します。

プレビューを選択

ワークスペースの左メニューにある「サマリー」を選択して画面右上にある「プレビュー」をクリックします。

 

Connectを選択

タグが正しく作動していることを確認したいURLを入力して「Connect」をクリックします。

 

発火タグを確認

「Summary」画面の「Tags Fired」には今回作動したタグが表示され「Tags Not Fired」は作動していないタグが表示されます。ここでは下記の2点を確認します。

  • コンバージョンリンカーが発火しているか
  • 問い合わせ完了ページにアクセスしたときのみコンバージョンタグが発火しているか

ワークスペースに戻り画面右上の「公開」をクリックします。

 

公開を選択

バージョン名」と「バージョン説明」を任意に入力します。どのようなアップデートを行ったか入力するのが良いでしょう。その後、画面右上の「公開」をクリックします。以上で設定が完了です。

まとめ

少し分かりにくい箇所もあるかもしれませんが、Googleタグマネージャーでコンバージョンタグを管理・設定することに慣れると作業効率が上がります。ぜひ活用に挑戦してみてください。ご不明点などありましたらUnionにお気軽にお問合せください。

この記事をシェア

  • RSS購読
  • リンクをコピー

この記事のカテゴリー

この記事のタグ

  • 資料請求をする
  • 無料相談をする

【資料ダウンロード(無料)】
DX時代の最適なWebプロモーション

Web広告運用代行のプロ集団「Union」
継続率95%以上の秘密!気になる実績やプランを掲載!

DX時代だからこそ効果が出る最適なWebプロモーション

【無料相談】メール24時間受付中!

Web広告運用のプロ集団がお悩みを解決します!

  • 広告の費用対効果が合わない
  • 社内で運用するリソースがない
  • 代理店の対応が遅い
  • 完全成果報酬型広告に興味がある
  • YoutubeやTikTokに動画広告を出したい
  • 効果の出る動画広告を作りたい etc.
tolist

SERVICEUnionが得意とするサービス

  • 継続率95%達成!リスティング広告運用代行
  • 完全成果報酬型広告!アフィリエイト広告
  • 縦型動画でインパクト大!Tiktok広告運用代行
  • Instagram広告で売上UP!インスタ広告運用代行
  • 理想のマンガ動画作ります!マンガ動画制作
  • 働きやすさをとことん追求!Unionで一緒に働く

RECEIVE UPDATA更新通知を受け取る

メールアドレスを登録していただければ更新情報をお届けいたします。
Union Mediaの更新通知は公式Twitter、Facebookでも受け取れます。

  • メールで購読
  • twitterで購読
  • facebookで購読

CONTACTお問い合わせ

ご相談・資料請求は無料です。お気軽にご相談ください。

0120679026 営業時間:10時~19時(土日祝除く)