0120679026 営業時間:10時~19時(土日祝除く)
今すぐダウンロードする

成果追求型Webマーケティングメディア

8種類のAmazon広告を使いこなそう!最新の動画広告とは?

  • RSS購読
  • リンクをコピー
amazon広告アイキャッチ

2020年にAmazonではスポンサーブランド動画広告が導入され、より広い選択肢の中からニーズに合った広告を掲載できるようになりました。 

スポンサーブランド動画広告はトップページや商品紹介ページごとに1つずつ配置されているため、普段からAmazonを使用しているユーザーであれば、見たことのある方が多いのではないでしょうか。 

引用:『スポンサーブランド動画広告|amazon ads

男性編集者A
男性編集者A

Amazonに限らず、現在動画広告を採用している媒体は多く、その理由として、動画の訴求力の高さが挙げられます。 

Supership株式会社の調査によると、15秒の動画を1枚1枚の静止画に分解した場合、約450枚分になり、それだけ動画が短時間で詳細な情報を伝達できることがわかりました。

また、動画広告と静止画広告それぞれが、広告認知、広告理解、利用意欲にどのような影響を与えるかに関する調査の結果では、動画広告の方がすべての部門において効果的で、利用意欲においては、効果に約7倍の差があることがわかりました。 

広告認知、理解、利用意欲のグラフ

引用:『動画広告の効果的な活用方法 ~最新事例から見る動画広告をターゲティングに活かすには〜 #Japan IT Week 関西 講演レポート

Amazon広告は動画でのプロモーション方法が追加されたことにより、より広告効果を高めやすい媒体になりました。 

また、広告の種類が増えたことにより、「どの広告を使用すれば、最も広告効果が高いのか」、「コストパフォーマンスがいいのはどの掲載方法なのか」など疑問をお持ちのユーザーも多いのではないでしょうか。 

当記事では、Amazon広告それぞれの特徴と、それぞれのユーザーがどの広告を採用すべきか解説します。 

関連記事:『TikTokに企業のPR動画を投稿してマーケティングする4つのメリット

Amazon広告とは

Amazon広告の掲載先であるAmazonは世界最大のECサイトです。 

MMD研究所が2020年10月31日から11月2日の間に15歳から69歳の男女10,000人を対象に行った、「コロナ禍での総合ECサイトに関する調査」によると、総合ECサイトの中で最も利用経験のあるユーザーの割合が最も多かったがAmazonでした。 

総合ECサイトの利用経験のグラフ

引用:『コロナ流行前後含め総合EC利用トップは67.9%で「Amazon」 うち、メイン利用は「楽天市場」が41.4%でトップ コロナ禍でECサイト利用開始したユーザーは4.8%、利用頻度上がったのは21.3%

Amazonの売り上げ推移

 引用:『アマゾン日本事業の売上高は約2.5兆円、ドルベースで230億ドル【Amazonの2021年実績まとめ】

また、現在も市場規模を拡大し続けており、以上を踏まえると、Amazonは広告を掲載する際、多くのユーザーにリーチできる有用な施策です。 

Amazon広告では、他の多くの広告媒体と同様、認知の向上と売上の向上をCVとし、広告を掲載します。 

すでに商品を掲載しているユーザーであれば、簡単な設定ですぐに広告掲載を開始できます。 

 Amazon広告を使用するメリット 

上述したようにAmazonは、利用経験のあるユーザー数が最も多い総合ECサイトです。

そのため多くのユーザーにリーチできる点もメリットの1つです。しかしながら、Amazon広告のメリットはユーザー数が多いことだけではありません。 

Amazon広告を使用するメリットは以下の通りです。 

  • 広告掲載で売上が上がった場合、オーガニック検索の順位が上昇する
  • 転売防止につながる

広告掲載で売上が上がった場合、オーガニック検索の順位が上昇する 

AmazonのSEOはAmazonの検索エンジンである「A9」について理解することで達成することができます。 

A9では、以下のような条件で検索順位を決定しているといわれています。 

  • 売上件数
  • 購入者によるレビュー
  • 商品情報の充実度
  • 自己発送かFBAか

参考:『Amazon A9とは?A9はAmazon検索のサーチエンジン? 

FBAとはフィルメント by Amazonの略語であり、Amazonの倉庫にあらかじめ商品を保管しておく販売手法を指します。

自己発送と比較すると商品を購入したユーザーに必ず商品を発送できる点から信頼度が高く、A9による評価で検索順位が上に行きやすい傾向にあります。 

ここで重要な点が、売上件数がオーガニック検索をする際の表示順位に影響がある点です。 

参考:『Amazon A9とは?A9はAmazon検索のサーチエンジン? 

例えば、Amazonでは「ベストセラー」と表記された商品が上位表示されることがしばしば見受けられます。 

ベストセラー商品

引用:『Amazon 

「ベストセラー」は、アマゾンの各ジャンルで売れ筋ランキング1位になった商品に、一定期間つくマークのことで、ベストセラーの商品が多く上位表示されていることから、売上件数と表示順位に相関があることわかります。 

参考:『Amazonランキングについて 

広告を掲載することで、広告のバナーのクリックによる売上件数の獲得と、後を追う形でオーガニック検索による売上件数の獲得の相乗効果が期待できるため、Amazon広告は効率的な施策です。 

転売防止につながる 

Amazonには、不当な利益を目的に行われる転売により、まだAmazonに市場を設けていない会社の商品が販売されていることがしばしば見受けられます。 

転売によって同一商品に複数の出品者がついてしまうことのデメリットは様々ありますが、例えば、Google検索からの流入が妨げられる可能性があります。 

最近では、Googleで商品名を検索した際、トップビューにGoogleショッピング広告、その下にAmazonの商品購入ページが表示されることが多く見受けられます。

この際、表示されるAmazonのリンクは主に1つであり、ここに入ることができなかった場合、Googleから流入したユーザーから売上を確保できず、大きな売上損失につながってしまいます。 

商品名検索

引用:『Google検索|fire HD 10 タブレット

実際Google検索を用いて「fire HD 10 タブレット」と検索した際、上のように表示され、これ以降、表示されたサイトは、商品に関する記事や、Amazon以外のサイトの購入ページへのリンクは表示されました。 

女性編集者A
女性編集者A

Amazon上に同一商品の出品が複数存在する場合、Google検索に表示される商品として選ばれる必要があります。 

また、選ばれる商品はA9によって優位であると認められたAmazonで検索した場合もトップで表示される商品です。

SEOに成功しており、商品を検索した際に最初に表示される商品でした。そのため、広告掲載により売上件数の増加を達成した商品は、Amazon内からだけではなく多方面からの購入を期待できます。 

以上をまとめると、 

  • Amazonの市場規模が大きく多くのユーザーにリーチできる
  • 広告からの購入はもちろん、オーガニック検索からの購入も期待できる
  • Googleなど多方面からの流入も期待できる

上の3点がAmazon広告を使用するメリットです。 

Amazon広告の種類 

Amazon広告には 

  • スポンサープロダクト広告
  • スポンサーブランド広告
  • スポンサーディスプレイ広告
  • Amazon DSP
  • 動画広告
  • 音声広告
  • カスタム広告ソリューション

の8種類があります。 

それぞれの広告を簡潔に説明すると下記の表のようになります。

スポンサープロダクト広告 商品をPR。検索結果に広告以外の商品と同じような形で掲載 
スポンサーブランド広告 ブランド全体をPR.最近は動画型の広告も掲載できより効果的な施策となった 
スポンサーディスプレイ広告 様々な場所に掲載でき、またオーディエンス設定により多くのユーザーにリーチ可能 
Amazon DSP Amazonに出品していなくとも掲載可能。クリックでLPに遷移 
動画広告 ストリーミングサービス内に表示。動画由来の柔軟性のあるPRを実現。 
音声広告 Amazon Musicの広告付き無料サービスを使用しているユーザーにリーチできる広告 
カスタム広告ソリューション Amazonの担当者と相談していく中で、自社だけでは生み出せないPR手法を実現 

スポンサープロダクト広告 

スポンサープロダクト広告

引用:『Amazon

商品自体をプロモーションするための広告です。 

検索結果の中に広告されていない商品と同様に表示されるため、あまり広告感のない広告です。 

青枠で囲ったように、「スポンサー」と表示されることが特徴で、クリックすると商品購入用のページに遷移する点は広告されていない商品と同様です。 

そのため、ユーザーに対し、購入を促したい商品が絞れている方におすすめの訴求方法です。 

関連記事:『【2022年最新版】Amazonスポンサープロダクト広告の始め方

掲載方法 

掲載方法は広告を掲載する期間と予算、そして、ターゲットとするキーワードまたは商品を決定するだけで完了です。 

ターゲットとするキーワードや商品に関しては、オートターゲティング機能で設定することも可能です。

Amazonが広告の関連性の高い検索用語や商品を選択し自動で広告掲載します。 

スポンサーブランド広告 

スポンサーブランド広告

引用:『Sponsored Brands Elevate your brand, reach your goals 

スポンサープロダクト広告と異なり、ブランド全体をプロモーションすることができます。 

スポンサーブランド広告_Amazon画面

引用:『Amazon 

例えばスマホケースを販売する場合、ユーザーによって使っている機種が違うため、スポンサープロダクト広告では、プロモーションすることが難しいです。

これに対して、スポンサーブランド広告はブランド全体を一緒くたにしてプロモーションできるため、広告から遷移した先でユーザーのスマホに合ったスマホケースを発見することができます。 

以上のように、それぞれのユーザーに対し、マッチした商品を選択し提供する必要がある場合、スポンサーブランド広告を使用することでユーザーの取り逃しを避けることにつながります。

また、冒頭でも述べたように、最近では、スポンサーブランド動画広告と呼ばれるAmazon内に動画広告を配置するサービスも追加されました。 

2020年10月から12月の調査では、静止画と比較し440%高いクリック率を記録しました。

さらに、30%以上高いクリック率を実現し、今後さらに有力になりうる施策です。 

引用:『Amazonが始めた「スポンサーブランド動画広告」とは? CVRとCTRは静止画広告を大きく上回ったアマゾンの新広告を解説

そのため、スマホケースのブランドやPC周辺機器のブランドとしてなど、ブランド全体で購入を促したい方におすすめの訴求方法です。 

掲載方法 

基本的にはスポンサープロダクト広告と同様ですが、プロモーションする商品が複数であるため、商品の選択する必要があります。 

また表示する商品数が複数であるため、商品名などを詳細までを表示することができず、何に関する広告なのかをユーザーに伝えるために、上の画像で「注目!iPhone13シリーズアクセサリー」と書かれているように見出しを設定する必要があります。 

スポンサーディスプレイ広告 

スポンサーディスプレイ広告

引用:『スポンサーディスプレイ広告 発見し、働きかけ、インスピレーションを与える 

スポンサーディスプレイ広告を一言で表現すると、セルフサービスの運用型ディスプレイ広告です。 

Amazon内では、商品詳細ページやカスタマーレビュー、商品検索結果ページの横、さらにはおすすめ商品の下広告枠に表示されます。 

加えて、スポンサーディスプレイ広告はAmazon内のみならず、Twitchを始めとしたAmazon外にも広告を自配信できます。 

上記したスポンサープロダクト広告やスポンサーブランド広告は検索に対応し表示されていたため、ユーザーが設定したキーワードなどを検索した場合に表示されました。 

これに対し、スポンサーディスプレイ広告は表示場所が幅広く、ターゲティングする際にオーディエンスを使用できます。

そのため、リターゲティングをすることで1度カートに入れたユーザーや商品詳細ページに訪問したユーザーに対し広告掲載をすることができます。

また、年齢や地域を始めとしたユーザー属性を設定し広告配信を行うことで商品の購入を検討している顕在層はもちろんのこと、商品について知識がない潜在層に対してアプローチできます。 

広告掲載先が豊富である点と、顕在層のみならず潜在層に対してもリーチできる点から、ユーザーが商品を発見するところからユーザーが商品を購入するところまでサポートでき、汎用性の高い広告であると言えます。 

男性編集者B
男性編集者B

そのため、まだ十分に認知されていないプロダクトを広告したい方や、リターゲティングにより効率よく広告運用したい方におすすめの訴求方法です。 

導入方法 

スポンサープロダクト広告と基本的な導入方法は同じですが、広告配信をする際のキーワードを決めずに広告配信を行える点が異なります。 

先述した通り、オーディエンスを設定することによる広告配信を行えるため、より柔軟な広告運用を行うことができます。 

しかしながら、オートターゲティング機能などは存在していないため、戦略立てて広告運用をしなければならず、先の2つと比較し導入ハードルの高い施策です。 

実際に広告を掲載した場合は、最初に設定したオーディエンスを始めとした設定が正しかったか否か、Amazon広告の管理画面から広告の見た目など広告設定を常に確認し、修正を繰り返す中で最良の広告を目指しましょう。 

Amazon DSP 

AmazonDSP

引用:『Amazon DSP 新しい掲載枠でブランドを

そもそもAmazon DSPのDSPとは、「Demand-Side Platform」の略称で、広告主のプラットフォームを指します。 

上記した3つの広告は基本的にAmazonで販売している商品をプロモーションするための広告でしたが、Amazon DSPでは、Amazonで販売している商品はもちろんAmazonで販売していない商品のプロモーションをする場合でも使用することができます。 

スピンサープロダクト広告であれば、広告をクリックした際の遷移先は商品詳細ページでしたが、Amazon DSPの遷移先は商品を紹介するためのランディングページ(LP)です。 

広告の掲載方法はスポンサーディスプレイ広告と同じですが、Amazon外のリンクに遷移し、Amazon外の商品を紹介できます。 

冒頭で述べた通り、Amazonはユーザー数が多い総合ECサイトです。そのため多くのユーザーに対しリーチすることができます。 

Amazon DSPではAmazonユーザーやユーザーの情報を活用し効率よく自社商品を紹介できる有用な施策です。 

そのため、Amazonの総合ECサイトとトップのユーザーを自らのブランドや自らの会社自身のPRに活かしたい方におすすめの訴求方法です。 

導入方法 

LPを準備したうえで、Amazonに連絡することで導入することができます。 

独自のLPを既に持っている場合であれば、リンクを挿入することで作成することも可能です。また、持っていない場合は、Amazonのサービスであるeコマースディスプレイクリエイティブを使用することで作成するとも可能です。 

参考:『eコマースディスプレイクリエイティブ
関連記事:『
WordPressで簡単!すぐできるLP(ランディングページ)入門!6種類のテーマ紹介

Amazon動画広告 

別名、ストリーミングTV広告と呼ばれるfire TVやtwitchといったストリーミングサービスを使用しているユーザーが再生ボタンをクリックした際に表示される動画型広告のことです。 

世界のfire TVの月間アクティブユーザー数は5,000万人にも上り、多くのユーザーにリーチすることができます。

参考:『ストリーミングTV広告とオンライン動画広告

そのため、動画を使用したクリエイティブな広告配信により、商品やサービスについて詳しく認知を促したい方におすすめの訴求方法です。 

関連記事:『【無料】動画に使えるイラスト素材サイト26選!会社紹介動画や広告に!

導入方法 

Amazonに問い合わせをすることで導入することができます。 

動画を用意しなければならないため、ハードルの高い施策ですが、動画でより詳しく柔軟に商品の情報を伝えられるため動画を用意できる方は、導入を検討してみてはいかがでしょうか。 

音声広告 

Amazon Musicの広告付き無料サービスを使用しているユーザーにリーチできる広告です。 

音楽と音楽の間に10秒から30秒の広告を挿入することで画面を見ていないユーザーに対してもリーチできます。 

Amazon Musicの広告付き無料サービスはAmazonが開発したバーチャルアシスタントスマートスピーカーであるAlexaにデフォルトで追加されているコンテンツであり。Alexaのシェア率の拡大に応じて音声広告の効果も増大します。 

最も利用しているスマートスピーカー

引用:『いよいよ普及してきたスマートスピーカー、「音質」「機能」以上に重視されていたポイントは?【MMD研調べ】

上のグラフはスマートスピーカーの利用率の比較です。 

スピーカーを所有した性別

引用:『いよいよ普及してきたスマートスピーカー、「音質」「機能」以上に重視されていたポイントは?【MMD研調べ】

MMD研究所が行った20歳から69歳、555人に対するアンケートの結果は、2位にGoogle Home入っているものの1位、3位、4位はAlexaが導入されているAmazonのスマートスピーカーがランクインしています。 

しかしながらAlexaのシェア率が他と比較し高いとはいえ、スマートスピーカーの所持率が低く、同研究によると上の画像にあるように20%程度でした。 

まだまだスマートスピーカー市場が成長段階であるため、音声広告は本来の実力を発揮できていませんが、2019年の段階で、アメリカのAmazon Echoのシェア率は60%を超えています。

アメリカではスマートスピーカー市場は成熟しており、日本も同様に所持率が向上した場合、大きな効力を発揮する広告であることから、将来性は十分であり、早い段階で参入しノウハウを蓄積するといった選択肢も考えられます。 

引用:『Amazon EchoとGoogle Home、シェアのトップはどっち?

そのため、国内での市場が成熟しておらず、成長段階である音声広告に早くから参入しノウハウを蓄積したい方におすすめの訴求方法です 。

関連記事:『ブランディングに効果的!音声広告とは?3つの特徴を紹介!

導入方法 

Amazonの広告担当者に相談する必要があります。 

動画広告と比較し、音声の用意だけで完結するため、準備へのハードルは低い施策です。 

カスタム広告ソリューション  

Amazonの説明ではカスタム広告ソリューションは以下のように説明されています。

Amazonのカスタム広告チームは、ブランドと協力して、マーケティングファネルのさまざまな段階で消費者とのエンゲージメントを深め、ブランドの認知度、検討、コンバージョンを高めるキャンペーンを作成します。

ストーリーテラーとイノベーターで構成されるグローバルチームは、戦略家、クリエーター、デザイン技術者、エンジニアなどが活躍し、広告主様の目標に合わせてカスタマイズされたソリューションを共同で構築します。 

Amazonのカスタム広告チームと協力し、広告手法を構築する方法です。 

カスタム広告ソリューションを使用した施策の1つにオンボックス広告があります。 

マリオ段ボール

引用:『ボックスがビルボードになる時: Amazonのオンボックス広告

上の画像は、スーパーマリオの35周年を記念し作成された、配達用の箱であり、小さな看板として効果を発揮します。 

カスタム広告チームは、この箱について、「配達の際に注目を集められる」や「荷物が届いた際にちょっとした感動をプラスできる」と述べており、上記したその他の6つでは実現できない広告手法を実現しています。 

大規模な施策になるため、コストはかかってしまいますが、その他の広告では実現できないような広告効果を実現できます。 

そのため、資金面で余裕があり、刷新的な広告を打ちたい方におすすめの訴求方法です。 

導入方法 

Amazonに問い合わせをし、カスタム広告チームと協力しながら広告を掲載します。 

企業だけでは実現できないような大きいことを成し遂げられるため、資金面で余裕がある方は1度相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ 

Amazon広告は多くのユーザーにリーチできる有用な施策です。 

広告の種類も豊富で、Amazonに商品を出品しているユーザーはもちろん、していないユーザーも総合ECサイト最多のユーザーとそのユーザーから得た膨大なデータを活かして、商品の販売促進に貢献します。 

1度検討してみてはいかがでしょうか。 

また、当記事を読んで少しでもWeb広告を難しいと感じたのであれば、広告代理店に相談してみるのも1つの手です。 

株式会社Unionでは、蓄積した経験やデータから広告運営を全面的にサポートし、問題解決に貢献します。 

「何から始めたらよいかわからない」など、Web施策に関する質問がある方は、弊社Unionの窓口よりお気軽にお問合せください。

この記事をシェア

  • RSS購読
  • リンクをコピー

この記事のカテゴリー

この記事のタグ

  • 資料請求をする
  • 無料相談をする

【資料ダウンロード(無料)】
DX時代の最適なWebプロモーション

Web広告運用代行のプロ集団「Union」
継続率95%以上の秘密!気になる実績やプランを掲載!

DX時代だからこそ効果が出る最適なWebプロモーション

【無料相談】メール24時間受付中!

Web広告運用のプロ集団がお悩みを解決します!

  • 広告の費用対効果が合わない
  • 社内で運用するリソースがない
  • 代理店の対応が遅い
  • 完全成果報酬型広告に興味がある
  • YoutubeやTikTokに動画広告を出したい
  • 効果の出る動画広告を作りたい etc.
tolist