0120679026 営業時間:10時~19時(土日祝除く)
今すぐダウンロードする

成果追求型Webマーケティングメディア

Instagram広告とFacebook広告の違いと特徴!成果を出す4つのポイント

  • RSS購読
  • リンクをコピー
_Instagram広告とFacebook広告の違いと特徴!成果を出す4つのポイント

Instagramは世界で10億人、日本では3300万人のアクティブユーザーがいる媒体で、現在もユーザー数が増加傾向にあり、日本においては4人に1人が利用している状況です。

Instagramは写真や動画などの投稿とその閲覧に特化したSNSであり、画像や動画に対する意識が高いユーザーが多いことから、Instagram広告ではクリエイティブが非常に重要となっています。

一方でFacebookは全世界で26億を超えるユーザーが利用しており、ユーザー数はSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の中で世界最大規模を誇ります。

日本国内の利用者数は4,127万人(2020年に総務省が調査したデータによると、日本のFacebookの利用率は32.7%、日本の人口は1億2,622万人(2020年))です。

そのため、一度に多くの人にアピールできるだけでなく、高いターゲティング精度を生かして、見込みのあるユーザーにより効果的にアプローチできます。

この記事では、「Instagram広告とFacebook広告の違いと特徴、成果をだす4つのポイント」について解説します。

令和2年度利用率

引用:『令和2年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査 報告書
参考:『Instagram最新情報

Instagram広告運用代行のプロ集団

Instagram広告の特徴

Instagramは(2019年3月時点で)国内月間アクティブアカウント数が3,300万以上と日本ではFacebookを超える規模にまで成長しております。

フィード(タイムライン)、ストーリーズ、発見タブなどに写真や動画形式で出稿することによって、一般的なユーザーのInstagram投稿の間に挿入される形で広告を配信し、魅力的な画像・動画広告を自然な流れで閲覧してもらうことができます。

Instagramは、様々なクリエイティビティ、コミュニティによって成長を続けています。もしInstagramコミュニティを顧客に変えることが出来たら、新しいビジネスのチャンスになります。

Instagramの調査によると、ビジネスをフォローしているInstagram利用者の割合は90%で、Instagramで広告を見るとブランドへの興味が高まると回答した利用者の割合は50%となっています。

参考:『Instagramの国内月間アクティブアカウント数が3300万人を突破
参考:『Instagramの最新トレンドを知る
関連記事:『
Instagram広告の特徴とは? 10のポイントを解説

Facebook広告の特徴

Facebook広告の特徴として、ターゲティング精度の高さが挙げられます。Facebookは、ユーザーがアカウントを作成する際に、実名での登録を基本とし、年齢や地域・勤め先など様々な情報の入力が求められます。

そのためユーザーが自ら入力した正確なプロフィール情報に基づいて広告が配信できるので、商材やブランドを訴求したいターゲットに、ピンポイントで広告を届けることができます。

また、Facebook広告を利用することでFacebookをはじめ、Instagram(インスタグラム)やMessenger(メッセンジャー)、Audience Network(オーディエンスネットワーク)といった、大きく4つの掲載先への広告配信ができます。

Facebook広告はシンプルな広告作成ツールでキャンペーンを作成し、広告を掲載可能なため、比較的簡単に広告配信を開始できます。

合わせて、配信後も視認性の高いレポートでパフォーマンスをトラッキングすることが可能です。そのためWeb広告運用が未経験の方でも始めやすい広告といえます。

参考:『Instagramの国内月間アクティブアカウント数が3300万人を突破
参考:『潜在顧客と潜在ファンにリーチする
関連記事:『Facebook広告の費用はいくらかかる? 3つのポイントを解説!

配信先の違い

Instagram広告の配信先

Instagram広告では、下記の三つのプレースメントへの配信が可能です。

  • Instagramフィード
  • ストーリーズ
  • 発見タブ

Instagramフィード
Instagramフィード

Instagramフィードは、Instagramアプリを開いたときに表示される写真や動画のリストのことで、内容は常に更新されます。Instagramフィードには、フォローしているアカウントまたは広告の写真や動画が表示されます。

引用:『Facebook広告ガイド』

ストーリーズ
Instagramストーリーズ

Instagramストーリーズでは、没入感のあるフォーマットでビジネスの内容をリアルに伝えることができます。スタンプや絵文字などのクリエイティブ要素を追加することもできます。Instagramストーリーズの広告は縦型のフルスクリーン広告で、オーガニックストーリーズの間に閲覧者に表示されます。

引用:『Facebook広告ガイド』

発見タブ
Instagram発見タブ

Instagram発見タブでは、利用者の興味・関心に基づいてプラットフォーム全体から厳選されたInstagramのコンテンツを発見できます。発見タブは検索と同じページにあり、まだフォローしていないアカウントの投稿がここに表示されます。Instagram発見タブの広告はオーガニックコンテンツの間に表示されます。

引用:『Facebook広告ガイド』

男性編集者B
男性編集者B

Instagramフィード、ストーリーズ、発見タブの特徴は以上になります。広告内容によって配信先を検討すると良いでしょう。

Facebook広告の配信先

対してFacebook広告では、下記の三つのプレースメントへの配信が可能です。

  • Facebookフィード
  • Messenger
  • Audience Network

Facebookフィード
Facebookフィード

Facebookフィードは、Facebookホームページの中央に表示される近況アップデート、写真、動画などのリストのことで、内容は常に更新されます。ニュースフィードには、友達、ページ、グループ、広告主からの最新情報と投稿が表示されます。

引用:『Facebook広告ガイド』

Messenger

Messenger広告は、Messenger受信箱とMessengerストーリーズの二種類の広告オプションに分けられます。

Messenger受信箱

Messenger受信箱

Messenger受信箱は、FacebookやInstagramの他の利用者からのプライベートメッセージとグループメッセージを受信する場所です。Messenger受信箱のスレッドとスレッドの間に広告が表示されます。利用者が広告をクリックすると、Messengerアプリ内でその広告の詳細が表示されます。

引用:『Messenger受信箱 | Facebook広告ガイド』

Messengerストーリーズ

Messengerストーリーズ

Messengerストーリーズでは、没入感のあるフォーマットでビジネスの内容をリアルに伝えることができます。スタンプや絵文字などのクリエイティブ要素を追加することもできます。Messengerストーリーズの広告は縦型のフルスクリーン広告で、オーガニックストーリーズの間に閲覧者に表示されます。

引用:『Messengerストーリーズ | Facebook広告ガイド』

Audience Network
Audience Network

Audience Networkでは、Facebookのターゲット設定機能、広告フォーマット、管理ツールを利用して、さまざまなパブリッシャーや環境にわたってキャンペーンを実施できます。質の高いモバイルアプリのネットワークが拡大するなかでオーディエンスに広告を配信でき、プレイヤーがのめり込むゲームアプリでは特に効果的です。

引用:『Audience Network: モバイルアプリとモバイルウェブサイトにFacebook広告を表示』

男性編集者B
男性編集者B

Facebookフィード、Messenger、Audience Networkのそれぞれの特徴は以上になります。広告内容によって配信先を検討すると良いでしょう。

広告種類と形式の違い

Instagram広告

Instagram広告の広告フォーマットは下記の3つです。

  • 写真広告
  • 動画広告
  • カルーセル広告

写真広告
Instagram写真広告

使用画像
・ファイルタイプ:JPG / PNG
・アスペクト比:1.91:1~1:1
・解像度: 1,080 x 1,080ピクセル以上

テキスト・メインテキスト: 125文字以内・見出し: 40文字以内・説明: 30文字以内

引用:『Facebook広告ガイド』引用:『【Facebook / Instagram 広告】 フィード・ストーリーズのクリエイティブ要件まとめ』

動画広告
Instagram動画広告

使用動画
・ファイルタイプ: MP4、MOV / GIF
・アスペクト比: 4:5
・動画設定: H.264圧縮方式/正方画素/固定フレームレート/プログレッシブスキャン/128kbps以上のステレオAACオーディオ圧縮
・解像度: 1,080 x 1,080ピクセル以上
・動画のキャプション: 任意(推奨されています)
・動画音声: 任意(推奨されています)

動画広告では、写真広告とは違い音声を用いることができ、Facebook 広告ガイドでも使用が推奨されています。また、動画に付与するキャプション(字幕)は、多くのモバイルユーザーが音声をオフにして動画を視聴している背景から、音声がなくても広告の内容理解をユーザーに促すために推奨されている要素です。

テキスト
・メインテキスト: 125文字以内
・見出し: 40文字以内
・説明: 30文字以内

引用:『Facebook広告ガイド』引用:『【Facebook / Instagram 広告】 フィード・ストーリーズのクリエイティブ要件まとめ』

関連記事:『Instagramのリール広告とは?設定方法と成果を出すポイント3選!

カルーセル広告
Instagramカルーセル広告

使用画像・動画
・ファイルタイプ: JPG / PNG(画像)、MP4 / MOV / GIF(動画)
・アスペクト比: 1:1
・解像度: 1,080 x 1,080ピクセル以上

テキスト
・メインテキスト: 125文字以内
・見出し: 40文字以内
・説明: 20文字以内
・ランディングページの URL: 必須

引用:『Facebook for Business』引用:『【Facebook / Instagram 広告】 フィード・ストーリーズのクリエイティブ要件まとめ』

男性編集者B
男性編集者B

設定した見出しや説明文が表示されない場合があります。そのため、プレビューで配信面を確認しながら適宜調整が必要になります。

Facebook広告の種類

Facebook広告では、下記の4つの広告フォーマットで配信が可能です。

  • 写真広告
  • 動画広告
  • カルーセル広告
  • コレクション

写真広告
 Facebook画像広告-_-広告形式

使用画像
・ファイルタイプ:JPG / PNG・アスペクト比:1.91:1~1:1
・解像度: 1,080 x 1,080ピクセル以上

テキスト
・メインテキスト: 125文字以内・見出し: 40文字以内・説明: 30文字以内

引用:『Creative Combinations That Work』引用:『Facebook広告ガイド』

参考:『Facebook/Instagram広告 フィード・ストーリーズのクリエイティブ要件まとめ

動画広告
 Facebook動画広告-_-広告形式

使用動画
・ファイルタイプ: MP4、MOV / GIF
・アスペクト比: 4:5
・動画設定: H.264圧縮方式/正方画素/固定フレームレート/プログレッシブスキャン/128kbps以上のステレオAACオーディオ圧縮
・解像度: 1,080 x 1,080ピクセル以上
・動画のキャプション: 任意(推奨されています)
・動画音声: 任意(推奨されています)

動画広告では、写真広告とは違い音声を用いることができ、Facebook 広告ガイドでも使用が推奨されています。また、動画に付与するキャプション(字幕)は、多くのモバイルユーザーが音声をオフにして動画を視聴している背景から、音声がなくても広告の内容理解をユーザに促すために推奨されている要素です。

テキスト
・メインテキスト: 125文字以内・見出し: 40文字以内・説明: 30文字以内

引用:『Facebook広告ガイド』

参考:『Facebook/Instagram広告 フィード・ストーリーズのクリエイティブ要件まとめ

カルーセル広告

 Facebookカルーセル広告-_-広告形式

使用画像・動画
・ファイルタイプ: JPG / PNG(画像)、MP4 / MOV / GIF(動画)
・アスペクト比: 1:1
・解像度: 1,080 x 1,080ピクセル以上

テキスト・メインテキスト: 125文字以内・見出し: 40文字以内・説明: 20文字以内・ランディングページの URL: 必須

引用:『Facebook広告ガイド』

参考:『Facebook/Instagram広告 フィード・ストーリーズのクリエイティブ要件まとめ

コレクション
Facebookコレクション広告-_-広告形式

使用画像・動画
・ファイルタイプ: JPG / PNG
・ファイルタイプ: MP4、MOV / GIF
・アスペクト比: 1:1
・解像度: 1,080 x 1,080ピクセル以上

テキスト・メインテキスト: 125文字以内・見出し: 40文字以内・ランディングページの URL: 必須

引用:『Facebook広告ガイド』

参考:『Facebook/Instagram広告 フィード・ストーリーズのクリエイティブ要件まとめ

男性編集者B
男性編集者B

Instagram広告同様、設定した見出しや説明文が表示されない場合があります。そのため、適宜プレビューで配信面を確認しながら調整することをオススメします。

ターゲット層の違い

以下では、総務省の調査を基に、InstagramとFacebookのターゲット層の違いについて詳しく解説します。
令和2年度利用率

ソーシャルメディア利用率
ソーシャルメディア投稿

引用:『令和2年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査 報告書

Instagramの年代別・利用率

Instagramの全世代の利用率は42.3%で、年代別に見ると、10代が最も多く69%の人が利用しています。2番目に多いのが20代で68.1%、次いで30代の55.6%と続きます。最も利用率が低いのは13.8%で60代となります。

また、男女比で見ると男性35.3%、女性49.4%と女性の利用率の方が高くなります。

Instagramの書き込み・投稿などの利用率は、16.7%と、Facebook、Twitterなどと比較すると多い傾向にあります。

写真や動画といったビジュアルメインというサービスの性質から、”インスタ映え”(Instagramに写真を投稿した際に見栄えが良く、写真が映えるという意味)な投稿を積極的に行う若者の利用者が多いため、若者へのアプローチは特徴の1つと言えます。

関連記事:『【Instagram広告】クリエイティブデザインで意識するべき11のコツ

Facebookの年代別・利用率

Facebookの全世代の利用率は31.9%で、年代別に見ると、30代が最も多く48.0%の人が利用しています。2番目に多いのが40代で39.0%、次いで20代の33.8%と続きます。最も利用率が低いのは19.0%で10代となります。

また、男女比で見ると男性32.4%、女性31.4%とやや男性の利用率の方が高くなります。Facebookのメインユーザー層は30~50代と他のSNSと比べて年齢層が高いです。

Facebookの10代の利用者が少ないところから見ても学生よりもビジネスマンから支持されています。

Facebookはより実生活関連の投稿が多く、プロフィールも細かく設定することができるのでより人物像を知ることができるSNSといえるでしょう。

そのため、プライベートとビジネス問わずリアルな知り合いとのつながりが多く、ビジネスに関する情報や、より詳細な近状報告の長文投稿が多いです。

関連記事①:『Facebook広告の効果を上げるためのターゲティング活用ガイド5選
関連記事②:『Facebook広告の費用対効果は高い?クリックコストを下げる3つの方法

成功事例

先ほどのデータから、日本国内の年代別利用数・利用率で比較してみると、Instagramユーザーは10代~30代で特に女性の割合が多いです。

ターゲットを絞る場合、若年層や女性を対象とするならInstagram広告が効果的だと言えます。一方、Facebookは30~50代と他のSNSと比べて年齢層が高く、幅広い年代のユーザーが利用しています。

そのため、年齢層が高い男性を対象とするならFacebook広告が最適です。

実際にInstagram広告、Facebook広告で成功した事例を解説していきます。

Instagram広告の場合

ミレ二アル世代(1980年~1995年生まれ)の女性をターゲットとした事例

Dear-Klairs事例
引用:『成功事例「Dear,Klairs」-Facebook for Business

韓国の美容ブランドDear, Klairsは、動物実験を行わない、ビーガン向け敏感肌用スキンケア化粧品で知られています。

Dear, Klairsは市場での認知と収益向上のために、ユーザーのエンゲージメントと売り上げを拡大するテストをInstagram広告で行いました。

A/Bテストを実施し、モバイル優先動画広告のみのキャンペーンと、ショッピング広告、ブランドコンテンツ広告、動画広告をすべて使用するキャンペーンとを比較しました。

直近の14日以内に同社ウェブサイトにアクセスした人は除外し、Instagram、Facebook、Audience Networkでコスト効率の高い方法で動画広告を配信し、キャンペーン予算の最適化を使用してパフォーマンスが最も高い広告の特定ができています。

結果
・広告費用対効果の向上 1.8倍
・購入単価の減少 45%
・カートに追加の単価の減少 42%
・リーチ人数の増加 41%

引用:『成功事例「Dear,Klairs」-Facebook for Business』

Facebook広告の場合

ターゲットを「30~50代の主婦層」に設定した事例

oisix事例
引用:『成功事例「Oisix」-Facebook for Busines

特別栽培農産物、無添加食品など安全性に配慮した食品・食材の通信販売と宅配を行うオイシックスは、ターゲティングを意識した広告配信を実施。

結果、お試しセットの購入率を大幅に向上しただけでなく、良質な顧客にリーチできたことによって新規会員の獲得にも繋がりました。

潜在層へ認知を拡大して会員獲得につなげることを目的に、詳細なターゲティング設定が可能なFacebookを活用。30代から50代の主婦に対し、2015年2月25日から2015年3月12日までの16日間キャンペーンを実施しました。
コアオーディエンス機能を使用し、年齢や性別だけでなく、利用者の興味や関心、「いいね」などの行動でもターゲティングを実施。より広告効果が高いセグメントを探りながら、広告の最適化を図りました。

結果
・コンバージョン 7.6倍
・サイト訪問者 1.7倍

引用:『成功事例「Oisix」-Facebook for Business』

成果を出す4つのポイント

ターゲットは適切か

前述したとおり、Instagram広告とFacebook広告ではターゲット層が異なります。

ミレミアム世代の女性をターゲットとした成功事例のように、若い女性へ向けた広告の場合はInstagram広告へ絞った方が効果は出やすいと言えます。

関連記事:『Instagram広告運用の鍵!4種類のターゲティングを解説

クリエイティブは適切か

Instagram広告、Facebook広告、どちらも画像や動画がメインとなります。

そのため画像、動画のクオリティを上げることが重要となります。もしくは競合と差別化できるアイデアを捻出するなど、クリエイティブの質を上げないと効果を得ることは難しいです。

特に若い女性ユーザーが多いInstagram広告は画像や動画の質によって反応が大きく変わります。女性が好むデザイン、配色、フォントになっていなければ効果が出にくいと言えます。

ユーザーは見たい情報へたどり着くため、高速で画像、動画をフリップします。
そのため、ファーストインプレッションで多くのユーザーを引きつけられるかが勝負となります。

例えば、ディップ株式会社が運営するバイトルでは、アプリのインストールを目標に広告配信しました。ファーストインプレッションで具体的な「日給の額」まで記載した方が、インストール数が高くなっています。

バイトル事例
参考:『Instagram最新情報

また、Facebookフィードでパフォーマンスが高いコンテンツは一般的にInstagramフィードでもパフォーマンスが高くなることが調査で示されております。

そのため、Instagram用に新たにコンテンツを作り直す必要がない点はメリットと言えます。

引用:『Instagram広告について
参考:『The Performance of Mobile-first Video on Facebook and Instagram
関連記事:『
【Instagram広告】クリエイティブデザインで意識するべき11のコツ

商品によっては両方の広告を使う

例えば商材の認知拡大や企業、ブランドイメージの向上が目的の場合、InstagramFacebookのどちらかに絞るのではなく、両方の広告を併用するのもおすすめです。

どちらの広告も詳細なターゲティングが可能なため、ターゲットの設定を明確に行えば、どちらか片方だけで出稿するよりもより高い効果が期待できます。

男性編集者B
男性編集者B

商材の特性、ターゲット、目的を明確にし、効果的な広告運用を目指しましょう。

配信が最適化される
 Facebookの配信システムは、選択できる人が多いと最適な効果が得られます。FacebookとInstagramを選択すると、最小のコストで最適な利用者に広告を配信することができます。

引用:『Instagram広告について』

広告の種類は適切か

Instagram広告、Facebook広告ではさまざまな広告の種類(写真広告、動画広告、カルーセル広告、コレクション等)が用意されています。

そのなかで、認知を広げたいのか、購入を促したいのか、ブランドに親しみを感じて欲しいのかなど、ユーザーに何をしてもらいたいのかをまずは明確にしなければなりません。

そのうえで、最適な広告の種類を選択することで効果を高めることができます。

参考:『Facebook広告ガイド

まとめ

今回は「Instagram広告とFacebook広告の違いと特徴!成果を出す4つのポイント」をご紹介しました。

Instagram広告、Facebook広告はユーザー数が多く、ターゲティング精度も高いため、低コストで大きな成果を出すことが可能になります。

この機会にぜひ広告の出稿をご検討ください。

弊社ではInstagram広告運用代行というサービスを展開しております。

Instagram広告及びFacebook広告の運用経験を豊富に蓄積している他、Google広告、Yahoo!広告の正規代理店として認定されています。

蓄積されたノウハウから短時間で課題を解決に導きます。

また、薬機法医療法遵守広告代理店の認証を受けておりますので、広告審査の厳しい薬事・医療系も対応可能。

お客様のあらゆるニーズに対し分析・調査を行い最適なプランをご提案しますので、お気軽にご相談ください。

Instagram広告運用代行のプロ集団

この記事をシェア

  • RSS購読
  • リンクをコピー

この記事のカテゴリー

この記事のタグ

  • 資料請求をする
  • 無料相談をする

【資料ダウンロード(無料)】
DX時代の最適なWebプロモーション

Web広告運用代行のプロ集団「Union」
継続率95%以上の秘密!気になる実績やプランを掲載!

DX時代だからこそ効果が出る最適なWebプロモーション

【無料相談】メール24時間受付中!

Web広告運用のプロ集団がお悩みを解決します!

  • 広告の費用対効果が合わない
  • 社内で運用するリソースがない
  • 代理店の対応が遅い
  • 完全成果報酬型広告に興味がある
  • YoutubeやTikTokに動画広告を出したい
  • 効果の出る動画広告を作りたい etc.
tolist