0120679026 営業時間:10時~19時(土日祝除く)

成果追求型Webマーケティングメディア

【2022年版】動画制作費用の相場を徹底調査!費用の内訳まで解説

  • RSS購読
  • リンクをコピー
動画制作の相場

採用活動や社員研修など、あらゆるビジネスシーンで動画が活用されるようになっているため、興味・関心がある方もいるでしょう。

しかし、動画制作をする上で気になるのが「費用」です。

動画制作の費用について理解しておかなければ「理想とは異なる動画が完成してしまった。」という事態になりかねません。

このような失敗を防ぐためにも、動画制作の費用相場について理解しておきましょう。

今回は動画制作の費用相場について解説します。

この記事を読めば、制作したいイメージの動画がいくらで作れるか分かるようになるはずです。

ぜひ、参考にしてみてください。

関連記事:『動画広告3つの効果!動画広告の制作方法や成功事例まで解説!

成果にこだわる広告動画制作!3動画セットで11万円~

【工程別】動画制作の費用相場

動画の制作費用は「企画費+人件費+諸経費」で成り立ちます。

  • 企画費:シナリオ作成や進捗管理など
  • 人件費:制作スタッフやキャストの費用
  • 諸経費:機材やスタジオのレンタル費用

これらを踏まえて、動画制作の各工程(企画・撮影・編集)に必要な費用を計算していきます。

参考:『動画幹事 動画制作の相場・料金を徹底解説!費用を抑えるコツも紹介!

企画:約15~50万円

タブレットに写る動画、そのそばに白い紙二枚と鉛筆
動画制作の企画とは、目標を達成するための手段を考えることをいいます。

具体的に説明すると「実写とアニメーションのどちらが適切か」「どのようなシナリオを作成すべきか」を考えていく工程です。

そのため、企画は「企画構成」「ディレクション」「シナリオ作成」の費用が必要になります。

企画費用の内訳

企画構成動画制作の企画・構成の考案3~15万円
ディレクション全体スケジュールの調整5~25万円
シナリオ作成動画のシナリオを作成5~10万円

※企画費用は「制作会社」「制作内容」に応じて変動するため目安の参考にしてください。

関連記事:『VYOND(ビヨンド)でビジネスアニメ動画を未経験者が2時間で作成する方法

撮影:約15~100万円

ミニチュア模型を撮影しているイラスト動画制作の撮影とは、映像をビデオカメラで撮影することをいいます。

撮影スタッフ」「キャストの手配」「カメラや照明の撮影機材」「ロケハン(場所)」の費用が必要になります。

また、撮影費用は撮影日数に応じて大きく変動します。

そのため、撮影場所に参加をして撮影し直しが起きないように映像を確認しておきましょう。

撮影費用の内訳

撮影スタッフやキャストの人件費8~35万円
機材カメラや照明などのレンタル代5~50万円
ロケハン撮影場所の調査2~10万円

※「制作会社」「制作内容」「制作日数」に応じて変動します。

編集:約10~35万円

デスクトップパソコンに映る動画
動画制作の編集とは、撮影した動画を編集して1本の動画に仕上げることをいいます

編集」「ナレーション」が必要になります。

男性編集者A
男性編集者A

編集にこだわるほど、動画のクオリティはアップするため予算を確保しておきましょう。

ナレーションに関しては声優と契約することもあります。

編集費用の内訳

編集撮影した動画をシナリオに沿って編集する5~25万円
ナレーション動画にナレーションを付ける3~10万円

※「制作会社」「制作内容」「動画の尺」に応じて変動します。

なお、目にすることが多くなった漫画動画の作り方については以下で解説しております。
関連記事:『YouTube漫画動画の作り方!大切な4ステップを解説!
参考:『KAIZEN PLATFORM 動画広告の制作費相場と費用をおさえる方法!

【種類別】動画制作の費用相場

ノートパソコンとスマホに映る動画と見積書動画制作の費用相場は、サービス紹介動画やマニュアル動画など種類に応じて変動します。

希望する動画の制作費用を把握しておきましょう。

サービス紹介動画:約30~200万円

サービス紹介動画の平均費用は約30~200万円で、目的に応じて異なってきます。

自社で保有している画像やロゴの素材をして動画を作成すれば、少ない予算で動画が制作できます。

その一方で、商品撮影や演出にこだわる場合は予算を確保しなければいけません。

女性編集者B
女性編集者B

サービス紹介動画は、どのような動画を作りたいかに応じて費用相場が変動しがちです。

関連記事:『【業界別】サービス紹介動画の成功事例14選!動画の作り方まで解説

マニュアル動画:約20~30万円

マニュアル動画の費用相場は約20~30万円と他の動画と比較して安いです。

その理由は、シナリオは作成する必要がありますが、撮影は固定カメラを設置するだけで済み、編集作業の負担も少ないためです。

マニュアル動画の尺は短めであることも、制作費用の安さに関係しています。

採用動画:約10~200万円

採用動画の費用相場は約10~200万円と幅が広いです。

先輩社員へのインタビュー形式の採用動画であれば、スタジオのレンタルやキャスティングの手配が必要ありません。

撮影時間も短く編集の負担が少ないため、安価な価格で制作できます。

その一方で、企業理念やビジョンなど会社説明動画を制作する場合には企画が必要です。

ブランディングを強化したい場合は、キャスティングや撮影技術にもこだわらなければいけません。

そのため、動画の制作費用が高くなります。

関連記事:『インタラクティブ動画をマーケティングで活用する5つのメリット

ブランディング動画;約100万円~

ブランディング動画の費用相場は約100~300万円と、他の動画と比較して高いです。

その理由は、企画・撮影・編集にこだわり動画を制作する必要があるためです。

男性編集者B
男性編集者B

ブランディング動画はクオリティを担保しなければ、期待する効果は見込めません。

そのため、ブランディング動画を制作したい場合は、ある程度の予算を確保しておきましょう。

関連記事:『TikTokに企業のPR動画を投稿してマーケティングする4つのメリット

セミナー動画::約10~50万円

セミナー動画の費用相場は約10~50万円で、他の動画と比較して安いです。

その理由は、主催セミナーを撮影するだけのため、制作会社側がゼロから企画する必要がないためです。

また、カメラを固定して主催セミナーを撮影すればよいため、撮影スタッフやキャスティングの手配も必要ありません。

しかし、セミナー動画の尺は60分程度と長いため、編集作業の負担が大きくなります。

編集にこだわれば、セミナー動画のクオリティはアップするため、どの程度の品質を求めたいかに応じて予算を確保しておきましょう。

参考:『KAIZEN PLATFORM 動画広告の制作費相場と費用をおさえる方法!
参考:『PROOX 【最新】動画制作費用の相場を用途別に徹底解説!料金を抑えるコツも

【費用別】動画制作の事例

種類別の動画制作の費用相場は理解して頂けたと思いますが、どの程度の予算で、どのような依頼ができるのでしょう。

これらを理解しておくことで、工数に見合った動画制作or依頼が可能になるため、費用別の動画事例を確認しておきましょう。

50万円以下の動画

引用:『Crevo Video Production ヘアケア商品「ラサーナ」

50万円以下の動画でも、伝えたいメッセージを上手く訴求できます。

自社で保管している素材を使用したり、動画の尺を短くしたりするなど工夫をすれば制作費用が抑えられます。

その分を企画や編集費用が充てられるため、高品質な動画が制作可能です。

株式会社ヤマサキ様の事例には、商品素材が上手く利用されています。

ナレーションが入っており、商品の魅力が伝わりやすい動画になっています。

関連記事:『動画活用の成功事例5選!動画の種類別に制作方法をご紹介

50~99万円の動画

引用:『Crevo Video Production 中古車検索アプリ「カーセンサー」紹介動画

50~99万円の動画であれば、オリジナルのイラストを描いてストーリー性のあるアニメーション動画が制作できるため、独自の世界観が演出できます。

また、ビデオ映像を依頼することも可能です。

中古車検索アプリ「カーセンサー」の事例では、ニーズが異なる3人がカーセンサーアプリをどのように利用するかがアニメーション動画で表現されています。

独自の世界観が描かれており、余韻が残る動画になっています。

100~299万円の動画

引用:『Crevo Video Production 子供向けプログラミング教育サービス「embot」サイト掲載用動画

100~299万円の動画であれば、高品質な映像動画が制作できます。

その理由は、撮影場所を変更したり、キャスティングが行えたりできるためです。

アニメーション動画を希望したい場合は3DCGを使用するなど幅広い表現ができるようになります。

子供向けプログラミング教育サービス「embot」の事例は、企画・撮影・編集の全ての工程で細部までこだわられていることがわかります。

関連記事:『動画制作会社でおすすめのベンチャー企業11選!選び方まで解説!

300万円以上の動画

引用:『Crevo Video Production 求人情報サイト「働くナビ!」サービス紹介動画

300万円以上の動画であれば、さまざまな撮影技術が活用でき、表現の仕方の選択肢が増えます。

また、撮影機材にこだわれるため映像の画質にこだわれます。

アニメーション動画を制作したい場合は、細かな動きや音楽にこだわることが可能です。

求人情報サイト「働くナビ!」のアニメーション動画は、オリジナル音楽が制作されており、独自性が溢れた作品となっています。

参考:『VIDEO SQUARE 動画制作の費用相場は?動画制作を外注した場合の費用詳細は?
関連記事:『【無料】動画に使えるBGM素材サイト14選!TikTokやYouTubeに!

動画制作費用に関するよくある質問

最後に動画制作費用に関して、よくある質問をご紹介します。

Q.動画制作費用を安く抑えるコツはありますか?

動画制作費用を安く抑えるコツには、以下のようなものがあります。

動画制作費用を安く抑えるコツ

  • 自社でシナリオを作成する
  • 画像や動画の素材を自社で集めておく
  • 優先順位を決めておき予算内で制作してもらう
  • 動画の尺を短くする

Q.動画制作を依頼する前にやるべきことはありますか?

動画制作を依頼する前に、理想に近いサンプル動画を探しておきましょう。

その理由は、制作会社とサンプル動画を共有して、理想のイメージを伝えておけば、イメージ通りの動画を制作してもらえるためです。

また、イメージの相違による撮影し直しなどのトラブルが起きません。そのため、イメージに近いサンプル動画を探しておきましょう。

Q.動画制作会社の選び方を教えてもらえますか?

動画制作会社を選ぶ場合は、過去の制作実績を確認して希望に近いものを作ってもらえるかを確認してみてください。

また、担当者の知識や経験を確認して、寄り添った提案をしてくれるかを確認しておけば動画制作の失敗を防止できます。

関連記事:『VYOND(ビヨンド)でビジネスアニメ動画を未経験者が2時間で作成する方法

まとめ

動画制作の費用相場は10万円~500万円とピンキリですが「企画」「撮影」「編集」の工程別の計算方法を把握しておけば、大まかな費用相場が分かり、安心して動画制作を依頼できるようになるでしょう。

この記事では、費用を安く抑えるコツまでご紹介しましたので、ぜひ動画制作に挑戦してみてください。

弊社では成果にこだわる広告動画制作というサービスを展開しております。

自社チャンネルや動画広告を含む200本以上の漫画動画制作の実績があります。漫画動画の制作でお困りでしたら是非お気軽にご相談ください。

成果にこだわる広告動画制作!3動画セットで11万円~

この記事をシェア

  • RSS購読
  • リンクをコピー

この記事のカテゴリー

この記事のタグ

  • 資料請求をする
  • 無料相談をする

【資料ダウンロード(無料)】
DX時代の最適なWebプロモーション

Web広告運用代行のプロ集団「Union」
継続率95%以上の秘密!気になる実績やプランを掲載!

DX時代だからこそ効果が出る最適なWebプロモーション

【無料相談】メール24時間受付中!

Web広告運用のプロ集団がお悩みを解決します!

  • 広告の費用対効果が合わない
  • 社内で運用するリソースがない
  • 代理店の対応が遅い
  • 完全成果報酬型広告に興味がある
  • YoutubeやTikTokに動画広告を出したい
  • 効果の出る動画広告を作りたい etc.
tolist