0120679026 営業時間:10時~19時(土日祝除く)

成果追求型Webマーケティングメディア

ローカルSEOの基本4ポイントを解説!MEOとの違いとは?

  • RSS購読
  • リンクをコピー
ローカルSEOの基本4ポイントを解説!MEOとの違いとは?

飲食店や美容室のような店舗ビジネスや、クリニックなどの集客手段として注目を集めているローカルSEO。

通常のSEOと比較すると本格的に取り組んでいる企業がまだ少ないこともあり「導入したいけれどローカルSEOの全貌がわからない」「ハードルが高そう」と感じている方も多いのではないでしょうか。

株式会社フルスピードが行なった調査によると、2020年8月~2021年7月の期間で10業界のGoogleマイビジネス(Googleビジネスプロフィールの旧名称)の表示合計の全体平均は前年比123%でした。

導入・認知度が上昇傾向にあることが読み取れます。

参考:『株式会社フルスピード『【2021年MEO調査】Google マイビジネス表示平均は123%成長 直近1年でのGoogle マイビジネス・Google マップのニーズはどう変化したか』

今回は、導入にあたって押さえておきたい基本情報や、ローカルSEOとともに言及されることが多い「MEO」との違いについても解説します。

また、内容を充実させることで集客の拡大につながる「Googleビジネスプロフィール」の活用法についても触れました。

これからローカルSEOの対策を始める方は、ぜひ最後までチェックしてください。

Web広告のプロ集団「Union」

ローカルSEOの定義やSEO・MEOとの違い

まずはローカルSEOの定義や、通常のSEO・MEOとの違いをご紹介します。

それぞれどういった意味があるのでしょうか。

ローカルSEOとは

ローカルSEOとは「エリア名+業種名」でWeb検索をした際に、上位に表示されるための施策を指します。

たとえば、恵比寿周辺ですぐに入れるカフェを探している時「恵比寿 カフェ」と検索する方が多いでしょう。

女性編集者A
女性編集者A

このような「エリア名+業種名」での検索をローカル検索といいます。

スマートフォンの普及により、10数年前と比較するとWeb検索は格段に手軽になりました。

今すぐに入れるお店を探す場合や、目的地付近で利用できる施設などを探す場合に、「梅田 焼肉」「広島 ホテル」などのキーワードで検索をすれば、マップとともに店舗や施設の情報が表示されます。

梅田 焼肉&スナックパック

引用:『Googleマップ

このように、特定エリアで検索された際に上位に表示されるための施策は、ローカルSEOと呼ばれます。

近年は検索エンジンのアップデートにより、エリア名を含む検索をした際にローカルパック(マップとともに表示される施設情報のリスト)が表示されるようになりました。

それ以前は、検索結果の上位には大手の予約サイトやポータルサイトが表示されることがほとんどでした。

そのため特定の店舗が検索上位を獲得するのは難しいとされていましたが、ローカルSEOに力を入れることで、キーワード検索をしたユーザーへの訴求が可能になりました。

飲食店や美容室、クリニック、ホテルなどの業態で注目を集めています。

参考:『GMO TECH株式会社『ローカルSEOとは?SEO・MEOとの違いや効果・メリット、基本的な対策ポイントと注意点を解説』』

なお、特定の地域に居住・通勤するターゲットに向けて広告を運用する「エリアマーケティング」については、こちらの記事を参考にしてみてください。
関連記事: 『Web広告の運用でエリアマーケティングを成功させる3ポイント

SEOとの違いは?

SEOは「Search Engine Optimization」の略称で「検索エンジン最適化」を指します。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンのアルゴリズムにのっとり、検索結果に自社のWebサイトを上位に表示させるための施策です。

ローカルSEOはエリア名を含む検索に向けた施策であり、自社の情報をローカルパックに表示させることが主な目的です。

一方でSEOは検索エンジン全体に対する施策であり、Webサイトのコンテンツを充実させたり、内部構造を改善することで検索エンジンでの上位表示を目指します。

下記では、SEOを含む検索エンジンマーケティングであるSEMについてご紹介しています。
関連記事:『5分でわかるSEM!SEOとリスティング広告の違いと使い方を解説

MEOとの違いは?

MEOは「Map Engine Optimization」の略称で「マップエンジン最適化」を意味します。

エリア名を含む検索をした際に自社の情報を上位表示させるための施策を指すため、ローカルSEOと同義です。

どちらの言葉も同じ内容を指していますが、MEOという言葉が使われているのは日本のみです。

海外ではローカルSEOの呼称が使われています。

ローカルSEOのメリット

ローカルSEOにはどのようなメリットがあるのでしょうか。一つずつ紐解いていきましょう。

表示順位が高い

「エリア名+業種名」で検索をすると、多くの場合検索の上位にローカルパック(Googleビジネスプロフィールに登録してある情報のリスト)が出ます。

マップとともに表示されるため視認性が高く、店舗や施設のアピールに大きな効果が期待できます。

ローカルパックでは、店名(施設名)のほか住所や写真、クチコミの件数や評価の星数などが確認できます。

さらに詳細情報をクリックすれば、電話発信や経路案内へのリンクが表示されるため、予約や来店への導線としても役立てられます。

※業種によっては、検索結果の画面に電話発信のリンクが表示される場合もあります

女性編集者A
女性編集者A

とくに、SEOの上位を予約サイトやポータルサイトが占める飲食や美容室、ホテルなどの業種では、それよりも上部に表示させることができるのは大きなメリットでしょう。

関連記事:『無料の集客方法!Googleビジネスプロフィールの登録方法2ステップ

低コストで実施できる​​

コストをかけずに実施できるところも、ローカルSEOのメリットの一つです。

後ほど詳しく解説しますが、ローカルパックが生成される際の情報はGoogleビジネスプロフィールの登録内容を元にしています。

そのため、ローカルSEOはおもにビジネスプロフィールへの登録情報を正確にしたり、内容を充実させたりして対策を行います。

Googleビジネスプロフィールへの登録や運用には、基本的に費用はかかりません。

男性編集者B
男性編集者B

自社のサイトやコンテンツを運用するSEOと比較すると、金銭的な面だけでなく人員や時間にかかるコストも抑えられるところが魅力です。

競合が少ない

対象が店舗の近隣にエリアに限定されるため、競合が少ないところもローカルSEOのメリットです。

「梅田 焼肉」で対策をする際、競合となるのは同エリア・同業種のお店だけに絞られます。

またSEOと比べると一般的な認知度も低く、対策をしていない企業や店舗も多く見受けられます。

男性編集者A
男性編集者A

なるべく早い段階で対策を始めて、運用のノウハウを習得しましょう。

来店・予約の見込みが高いユーザーにアプローチできる

「エリア名+業種名」で検索をするユーザーは、今すぐ店舗や施設を利用したいと考えていたり、近いうちに利用する予定がある場合が多いため、ローカルSEOに力を入れることで見込みの高い層にアプローチが可能です。

SEOの検索結果に表示されるWebページと異なり、店名(施設名)だけでなく住所・画像・営業時間といった情報を訴求できるのも特徴です。

男性編集者A
男性編集者A

詳細をクリックしなくても情報を得られるのは、ユーザーにとっても大きなメリットといえるでしょう。

googleビジネスプロフィール

引用:『Googleビジネスプロフィール

GoogleビジネスプロフィールとYahoo!プレイス

Yahoo!プレイス

引用:『Yahoo! プレイス

ローカルSEOに取り組む際、検索エンジンの機能を利用して自社のビジネスやサービス内容についての公式情報の登録やクチコミの管理などを行います。

Googleは「Googleビジネスプロフィール」、Yahoo!は「Yahoo!プレイス」がそれにあたります。

なお、Googleビジネスプロフィールは2021年12月に「Googleマイビジネス」から現在の名称に改称されています。

アイルランドのStatcounter​社は、日本での検索エンジンのシェア率について下記の調査結果を発表しています。

【PC】Google77%、Yahoo!14%、Bing8%​​

【モバイル】Google75%、Yahoo!25%

引用:『Statcounter社『Desktop Search Engine Market Share in Japan – March 2022』
引用:『Statcounter社『Statcounter「Mobile Search Engine Market Share in Japan – March 2022』

そのためローカルSEOに取り組む際は、まずGoogleの対策から着手するのがおすすめです。

当記事でも、GoogleでのローカルSEOの仕組みを中心に解説します。

ローカルSEOの2種類の表示形式

ローカルSEOには、前述のローカルパックに加え「ナレッジパネル」という表示形式もあります。

ここでは、ローカルSEOの表示形式であるローカルパック・ナレッジパネルの詳細を解説します。

ローカルSEOの表示形式

  • ローカルパック・・・通常のローカルパック・ローカルスナックパック・ローカルABCパック
  • ナレッジパネル

ローカルパック

ローカルパックとは、ローカル検索をした際にマップとともに表示される店舗・施設情報を指します。

検索結果の画面には上位3つが表示されるため、この枠に入ることが重要です。

ローカルパックには、通常のローカルパック・ローカルスナックパック・ローカルABCパックの3つの形式があります。

またローカルパックの下部にある「さらに表示」をクリックすると、ローカルファインダーと呼ばれるリストが表示されます。

①通常のローカルパック

通常のローカルパック

ローカル検索をした際にもっとも多く表示されるのが、通常のローカルパックです。

主に下記の項目をピックアップして生成された情報が、検索結果の上部に載ります。

  • ビジネス名
  • クチコミの評価
  • クチコミの数
  • 業種
  • 住所
  • 電話番号
  • 営業時間
  • オンライン予約・ホームページ・ルートへのリンク

②ローカルスナックパック

梅田 焼肉&スナックパック

飲食業やサービス業を対象にローカル検索をした際に表示されることが多いのが、ローカルスナックパックです。

写真付きでビジネス情報が掲載されるため、店舗・施設の様子や料理などをビジュアルで訴求できるところがメリットといえます。

ローカルスナックパックは、主に下記の項目をピックアップして生成されます。

  • ビジネス名
  • 画像
  • 住所
  • クチコミの評価
  • クチコミの数
  • 業種
  • 営業時間

こちらの表示形式では、ローカルパック上に電話番号やオンライン予約・ホームページ・ルートへのリンクは掲載されません。

クリックすれば詳細が閲覧できます。

③ローカルABCパック

ローカルABCパック

ローカルABCパックは、評価の影響を受けにくいビジネスや業種に適用される表示形式です。

生活のインフラとなる金融機関や公共施設、またコンビニエンスストア、ドラッグストア、駐車場などが対象となります。

主に下記の項目をピックアップして生成されます。表示の際は「A」「B」「C」のアルファベットが割り振られます。

  • ビジネス名
  • 業種
  • 住所
  • 電話番号
  • 営業時間
  • ホームページ・ルートへのリンク

ローカルABCパックは、ほかの表示形式と異なりクチコミが掲載されません。

【その他】ローカルファインダー​​

ローカルパックでリストの下部にある「さらに表示」をクリックすると、ローカルファインダーに遷移します。

こちらは、該当エリア内の店舗・施設をまとめたリストです。

ユーザーがローカルファインダーに遷移しなければ閲覧されないため、ローカルパックの上位3店舗と比べると発見性は低くなります。

参考:『SO Technologies株式会社『ローカルパックとは?種類や表示されるためのポイントを解説』

なお、ユーザーの検索キーワードによってはローカルパックよりも上部にリスティング広告が表示される場合もあります。

リスティング広告の仕組みについては、以下の記事で解説しています。
関連記事:『検索連動型広告とは?仕組みと運用開始までの12のステップを解説

ナレッジパネル

ナレッジパネル_株式会社Union

ナレッジパネルは、お店の名前や企業名などの固有名詞で検索した際に、検索結果の右側に表示される詳細情報のボックスを指します。

Googleビジネスプロフィールの登録情報をもとに、主に下記を表示させられます。

  • ビジネス名
  • 画像(店内や外観
  • 業種
  • 所在地
  • 電話番号
  • 営業時間
  • オンライン予約・ホームページ・ルートへのリンク
  • ビジネスについての説明
  • クチコミの評価
  • クチコミの数
  • 混雑する時間帯

ユーザーは、店舗や施設のホームページを開かなくてもビジネス情報の閲覧が可能です。

ビジネスプロフィールを細かく入力し、ナレッジパネルを充実させることで集客効果を期待できます。

参考:『GMO TECH株式会社『ローカルSEOとは?SEO・MEOとの違いや効果・メリット、基本的な対策ポイントと注意点を解説』

ローカルSEOで成果をあげるための4ポイント

ローカル検索をするユーザーからの集客を増やすためには、どんな施策が有効なのでしょうか。

ここからは、ローカルSEOを取り組むにあたって、知っておきたい施策のポイントについてご説明します。

ローカルパックの上位3つはどうやって決まる?

ユーザーが「エリア名+業種名」で検索をかけた際に表示されるローカルパックは、該当エリアの店舗や施設のなかから3つをピックアップしています。

それ以外はローカルパックと比較すると目立ちにくいローカルファインダーに集約されるため、上位3つに選出されることが重要です。

ローカルパックのランキングに影響するのは、検索キーワードとの関連性、対象エリアからの距離、視認性の高さ、そしてNAP表記の4点です。

ポイント①関連性

ユーザーが検索したキーワードと、Googleビジネスプロフィールに登録されている内容の関連性が高いと、ナレッジパック上位3つに表示されやすくなります。

関連性を高めるためには、ビジネスプロフィールに登録できる項目をできる限り埋めて、検索で狙いたいキーワードを適切に使用することが重要です。

たとえば「梅田 焼肉」とローカル検索した際のローカルパックへの表示を狙うなら、基本情報の登録に加えて、ビジネスの説明欄などに「梅田」や「焼肉」というキーワードを散りばめます。

ただし訴求を強めようとするあまり誤った情報を登録しないように注意しましょう。

正式な店名が「お肉のABC」であるにもかかわらず「梅田の美味しい焼肉屋さんABC」などとするのはGoogleのポリシーに違反します。

女性編集者A
女性編集者A

ペナルティーを受ける可能性もあるので、Googleビジネスプロフィールには正しい情報を掲載するよう努めましょう。

参考:『Google『禁止および制限されているコンテンツ』

ポイント②距離

検索された地域名と店舗・施設との間の距離も、ランキングを決める要素の一つです。

また地名を入れずに検索した場合(例:「近くの焼肉」)は、ユーザーの現在地との距離が評価の対象となります。

男性編集者B
男性編集者B

ローカル検索をするユーザーを取りこぼさないように、所在地の情報は正確に入力しましょう。

ポイント③視認性の高さ

視認性とは、ビジネスの認知度の高さを指します。

一般的に知名度があるかどうかも、ローカルパックのランキングを決定付ける要素の一つです。

たとえば対象エリアで広く知られている店舗や施設などは、オフラインでの知名度も評価に影響します。

またWeb上での知名度や情報量も、視認性を左右しています。

たとえば、ナチュラルリンクの数やWebでその店舗や施設について言及されている記事のボリュームなどが該当します。

男性編集者A
男性編集者A

Googleのクチコミ数や評価の点数や、通常のSEOでの検索順位も加味されるため、Googleビジネスプロフィールと自社のホームページやコンテンツなどを満遍なくメンテナンスする必要があります。

参考:『Google『Google のローカル検索結果のランキングを改善する方法』

ポイント④NAP​​

NAPとは「Name(ビジネス名)」「Address(住所)」「Phone(電話番号)」の頭文字をとった言葉です。

Googleビジネスプロフィールやホームページ、WebコンテンツではNAPを正確に表記し、信憑性の高い情報を掲載しましょう。

情報の正確さに加えて、表記を統一することも重要です。

「③視認性の高さ」の項目で、Googleがローカルパックの表示順位を決定する際に、Web上でその店舗や施設について言及されている記事のボリュームも考慮すると述べました。

女性編集者B
女性編集者B

同じ店舗・施設での情報が複数のWebサイトに掲載されていても、店舗名や住所などのNAP表記が統一されていなければ、別物と判断されてしまいます。

NAP表記で注意するポイント

アルファベット・カタカナ・漢字などの統一
例)
「美容室ABC」「美容室エービーシー」
「ヘアサロンABC」「HAIRSALON ABC」
「2階」「2F」
社名や住所表記の統一
例)
「株式会社」「(株)」
「3丁目2番地1号」「3-2-1」
「〇〇マンション301」「〇〇マンション301号室」
半角・全角の統一
例)
「301号室」「301号室」
「美容室ABC」「美容室ABC」
電話番号の表記
例)
「03-XXXX-XXXX」「(03)XXXX-XXXX」

もし現時点で、メディアやコンテンツによってNAPが統一されていない場合、まずは正式な表記を決定しましょう。

参考:『GMO TECH株式会社『ローカルSEOとは?SEO・MEOとの違いや効果・メリット、基本的な対策ポイントと注意点を解説』

サイテーションとNAP表記

サイテーションとは、自社以外の他サイトに情報が記載されたり、引用されたりすることを指します。

サイテーションを多く獲得できれば視認性が高いとみなされ、ローカルSEOで上位表示される可能性も増えます。

ところが、他サイトでNAP表記が統一されていないと、サイテーションの恩恵を十分に受けることができません。

第三者が言及・引用する際に正しいNAP表記で参照してもらえるよう、Googleビジネスプロフィールやホームページでは社名や住所を正確に記載しましょう。

男性編集者B
男性編集者B

より多くのサイテーションを得るためには、自社のサイトはもちろん、SNSやプレスリリースサイトなどを活用して情報発信をするのがおすすめです。

Googleビジネスプロフィール活用術

ローカルSEOで成果を獲得するには、Googleビジネスプロフィールの内容を充実させる取り組みが欠かせません。

ビジネスプロフィールの充実度を上げることでユーザーの利便性も高まり、店舗・施設の魅力を知ってもらえる機会も増えるでしょう。

ここでは、Googleビジネスプロフィールを運用する際のポイントをまとめました。

投稿を活用する

Googleビジネスプロフィールには、店舗のニュースなどを発信できる「投稿」という機能があります(一部業種を除く)。

この機能を活用することで、ナレッジパネル上でもお店の最新情報を伝えることができます。

投稿には、下記のフォーマットがあります。

COVID-19の最新情報

営業時間の変更・臨時休業・店舗や施設の運営方法の変更といった、COVID-19(新型コロナウイルス)に関する最新情報を発信できます。

特典

セールや特典、クーポンに関連する情報を発信できます。

投稿には写真・動画・概要の説明・操作ボタンが追加可能です。

特典に関する投稿では、タイトル・開始日時・終了日時の入力が必須ですが、投稿すれば「クーポンを見る」という操作ボタンが自動的に設置されます。

特典に関する投稿は、ビジネスプロフィールの上部付近にも表示が出ます。

最新情報

ビジネスの全般的な情報を発信できます。

新商品の紹介や、営業時間の変更、お休みといった、最新のトピックスを伝えるのに活用しましょう。

イベント

トークショー、試飲会、周年記念など、店舗や施設で開催するイベントを宣伝します。

投稿には写真・動画・概要の説明・操作ボタンが追加可能です。イベントの告知投稿にはタイトル・開始日時・終了日時が必要です。

特定の条件を満たすイベントは、ビジネスプロフィールの「概要」タブにも表示され、ユーザーからの発見率を高めることができます。

参考:『Google『ローカル ビジネス向けの投稿について』

チャット機能を活用する

チャット機能では、店舗・施設とGoogleアカウントを持つユーザーとの間でメッセージのやりとりができます。

Googleビジネスプロフィールでチャット機能をONにすると、ボックスに「チャット」ボタンが出現します。

予約や問い合わせが手軽にできるため、対応が可能であればぜひ活用しましょう。

ユーザーからのメッセージに対して自動で返信する、ウェルカムメッセージの設定も可能です。

また、テキストメッセージだけでなく、ユーザーとのあいだで画像の共有もできます。

なお、チャットの返信は24時間以内に行う必要があります。

24時間が経過してもメッセージの返信が行われなかった場合、チャット機能が無効になることもあります。

メッセージに対する応答時間などを計測したうえで、数分以内・数時間以内・1日以内・数日以内のなかから回答に要する平均的な時間がユーザー画面に表示されます。

参考:『Google『ビジネス プロフィールに寄せられたメッセージを読んで返信する方法』

クチコミへの返信

ユーザーから寄せられたクチコミに対しては、なるべく迅速に返信を行いましょう。

好意的なクチコミはもちろん、苦言に対しても誠実な対応を見せることは、ユーザーとの信頼関係の構築にもつながるでしょう。

なお、事実と異なるクチコミなどはGoogleに削除をリクエストすることができます。

参考:『Google『Google ユーザーにクチコミを投稿してもらう』

ローカルSEOの導入事例

株式会社Faber Companyのサイトでは、下記のローカルSEOの事例が紹介されています。

ストレッチ専門店の事例

Dr.stretch

引用:『Dr.stretch

全国で複数の店舗を運営するストレッチ専門店では、ユーザーからの「Googleに登録されている営業時間に誤りがあり、正しい情報がわからない」という問い合わせを受けたことをきっかけに、Googleビジネスプロフィールの管理ツールを導入して情報整理を開始しました。

ビジネスプロフィール経由のユーザーのCVR(コンバージョン率)が高い点に着目し、プロフィールの充実や投稿・クチコミの強化などを実施。

その結果、1年でビジネスプロフィール経由の予約数を3倍に増加させることに成功しました。​​

参考:『株式会社Faber Company『「営業時間が違います」。1本の電話から始まった業界トップのストレッチ専門店「Dr.stretch」のローカルSEO。1年でGBP経由の予約数が3倍に成功した秘訣とは?』

まとめ

この記事を読んで、ローカルSEOの最適化が難しいと少しでも感じたら、広告代理店に任せるのも一つの手です。

弊社ではWeb広告のプロがお客様の課題を解決するWeb広告運用サービスを展開しております。

Web広告の運用経験を豊富に蓄積している他、Google広告、Yahoo!広告の正規代理店として認定されています。

蓄積されたノウハウから短時間で課題を解決に導きます。

また、薬機法医療法遵守広告代理店の認証を受けておりますので、広告審査の厳しい薬事・医療系も対応可能です。

お客様のあらゆるニーズに対し 分析・調査を行い最適なプランをご提案しますので、お気軽にご相談下さい。

Web広告のプロ集団「Union」

この記事をシェア

  • RSS購読
  • リンクをコピー

この記事のカテゴリー

この記事のタグ

  • 資料請求をする
  • 無料相談をする

【資料ダウンロード(無料)】
DX時代の最適なWebプロモーション

Web広告運用代行のプロ集団「Union」
継続率95%以上の秘密!気になる実績やプランを掲載!

DX時代だからこそ効果が出る最適なWebプロモーション

【無料相談】メール24時間受付中!

Web広告運用のプロ集団がお悩みを解決します!

  • 広告の費用対効果が合わない
  • 社内で運用するリソースがない
  • 代理店の対応が遅い
  • 完全成果報酬型広告に興味がある
  • YoutubeやTikTokに動画広告を出したい
  • 効果の出る動画広告を作りたい etc.
tolist